リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: 芸人

1 :的井 圭一 ★ :2018/02/16(金) 06:05:43.18 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/img.5ch.net/premium/1051729.gif テレビのワイドショーやネットニュースなどで時折話題になるのが凄惨な殺人事件だ。屋外や公共的な場所で犯行がなされるケースもあるが、個人の住宅で起きることも多い。厚生労働省と警察庁の調べによれば、年間の自殺者数は2万人を超える。その中には自宅で自ら命を絶つ人もいる。高齢者をはじめとする孤独死も社会的な問題になっている。

そんな殺人や自殺、孤独死などが賃貸住宅で起きると、そこは「事故物件」と呼ばれる。一般的な感覚の人なら、なるべくなら事故物件には住みたくないと思うだろう。だから事故物件は家賃が割り引かれているケースもある。家賃が安くなるのはわかりやすいメリットだが、デメリットは「なんだか気持ちが悪い」という心理的なものだけなのだろうか?

事故物件に5軒連続で渡り住んでいる、松竹芸能所属の芸人、松原タニシさん(35歳)に話を聞いた。

住むと気が変になってしまうアパート
松原タニシさんがそもそも事故物件に住むようになったきっかけは、先輩芸人の北野誠さんが主催する「北野誠のおまえら行くな。」というテレビ番組の怪談トークイベントに出演したことだった。

「怖い話をするイベントだったのですが、僕は『住むと気が変になってしまうアパート』という話をしました」

そのアパートは値段が激安だったので、歴代若手芸人が住んでいた。しかし、そのアパートに住むと気が変になってしまう。たとえばある若手芸人は舞台の時間に現れないので、後輩が呼びに行くと部屋中にロウソクを立てて体育座りをしていた。

その物件を調べると1階なのに鉄格子があり、ドアには外からしか開られない窓があった。そこはもともと精神病院だったんじゃないか? と皆がうわさしている。

……そんな松竹芸人の間に伝わる実話怪談だった。

「その話をすると北野誠さんが『タニシ、そこに住まないか?』と言ってきたんです。壇上でのネタかと思ったんですが、楽屋で『マジだけどどうする?』って言われて……。ほかに立候補する芸人もいなかったので、結局住むことにしました」

ネタにした物件に住む予定だったが、不動産業者に断られてしまった。その代わりに北野誠さんが見つけてきた、事故物件に住むことになった。

それ以降、事故物件を渡り住む、「事故物件住みます芸人」として活動している。

〈中略〉

物件のある場所は、治安はあまり良くない場所だった。近くの団地には「上から物を落とすな!!」と張り紙が貼ってあった。

室内はリフォームがされていたのだが、畳をめくると血痕が出てきた。洗面所の鏡はなぜかペンキで塗りつぶされていて、ユニットバスだけが新しいモノに取り替えられている。浴室の排水口からはゴッソリと白髪交じりの長い髪の毛が出てきた。

「なんだか変な部屋だなと思っていたのですが、不動産屋さんからはどんな事件が起きたのかは聞いていないのでわかりませんでした」

ひょんなことから、事件の詳細がわかった。近所の定食屋さんのおじさんと話をしていたら「あの家に住んでるのか」と事件のあらましを教えてくれたのだ。

「息子が同居する母親を殺した部屋でした。部屋で殴った後に、浴室に連れていき浴槽に沈めて殺したそうです。血痕や、浴室のナゾが解けました」

事件内容がわかり最初は気になったものの、しばらくすると慣れてしまった。

しかしその頃から異変が起きる。ドアノブをガチャガチャと開けようとする人が定期的に現れたり、ポストの配送物がなくなってしまったりすることが続いた。

「誰かのイタズラかな?と思っていたのですが、数日後ニュースを見てビックリしました」

テレビで男が道行くお年寄りをハンマーで殴って逮捕されたニュースが報道された。

その犯人の男こそ、松原さん宅で母親を殺した犯人だったのだ。

「犯人は母親を殺害した後、逮捕されたのですが、精神疾患があるとして不起訴になっていました。病院に留置されていたらしいのですが、そこから逃げ出したんです」

確定はしていないが、松原さんの家のドアをガチャガチャしたり、ポストの宅配物を荒らしたのは、元の住人の殺人者である可能性が高い。

犯人は逮捕された後、「誰でもいいから人を殺したかった」と供述している。

「もしもドアを開けて犯人がいたら、どうなっていたかと思うと冷や汗が出ます。殺人をしても刑務所に入らないケースは多々あるそうです。事故物件に住む場合“殺人”のケースは気をつけたほうがいいと思います!!」

抜粋しました 全文はソース先で
東洋経済オンライン 2018年02月12日
http://toyokeizai.net/articles/-/207710

続きを読む

1 :ストラト ★:2018/02/12(月) 08:57:28.05 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/www.hochi.co.jp/photo/20180212/20180212-OHT1I50061-L.jpg お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(48)が体調不良のため、12日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月〜金曜・前8時)を欠席した。

番組冒頭、ともに司会を務める水卜麻美アナウンサー(30)とコメンテーターで出演のお笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(34)の2人が、加藤の等身大のパネルをはさんで登場。
水トアナが「加藤さんは体調不良で今日お休みです。インフルエンザの検査をされて、インフルエンザではなかったということで一安心ではあるんですが、ゆっくり休んで下さい」と話した。

近藤も「1日ゆっくり休んで、明日、元気に出て下さい」とエール。
パネルを指して「これ、元気な頃ですから」とジョークも付け加えた。

加藤は前夜11日深夜放送のTBS系「スーパーサッカー」(日曜・深夜0時50分)の生放送も欠席。
冒頭、同局の佐藤文康アナウンサー(41)が「きょうのスーパーサッカーはいつもと違います。加藤さんが体調不良でお休みです」と説明。
同番組で解説を務める元サッカー日本代表・福田正博氏(51)も「加藤さんは働きすぎですから。いい機会だから休んでください」と気遣っていた。


加藤浩次
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000138-sph-ent

続きを読む

1 :ストラト ★:2018/02/04(日) 12:41:04.90 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/eDihz2R.jpg お笑いタレントの明石家さんま(62)が3日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。
長女(28)が大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたタレントの大竹まこと(68)について言及した。

さんまは「大竹さんの娘が大麻所持で捕まって、最近2世さんが問題起こすの多いやんか」と切り出し、「親としてはどうしようもない。毎日監視するわけにもいかんし、娘もそういうことしたらあかんって分かっててもいろいろ周りの環境とかで変わってしまうし…」と2世タレントの不祥事につきまとう親の責任について言及。
村上ジョージ(62)も「そこは(2世タレントも)大人ですからね」と同調した。

「大竹さんは仕事続けられるってことで俺は一安心」と大竹が芸能活動を継続することに安ど。
一方で、自身の娘IMALU(28)が同様の事件を起こした場合は「俺ならラジオもテレビも休む」とキッパリ。
「キャラにもよるやろうけど、娘がそういうことなってふざけても笑われへんやろ」と理由を説明すると、村上も「真剣に反省してないみたいな言われ方をされるかもしれないですもんね」と理解を示していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00000081-spnannex-ent

続きを読む

1 :ストラト ★:2018/01/31(水) 15:16:45.53 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/r4Y75wk.jpg 30日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、爆笑問題・太田光が、着物販売レンタル「はれのひ」の篠崎洋一郎社長に対する記者の質問内容を疑問視した。

番組では、リスナーからのメールで、篠崎社長の記者会見中に女性記者が「歌が好きと聞いたんですが、お休み中は何を歌いましたか?」と、「どうでもいい質問」をしていたとの投稿があった。

「はれのひ」は8日の成人の日に突然営業を停止し、振り袖を着て式典に行こうとしていた多くの新成人たちがトラブルに巻き込まれていた。
篠崎社長は26日になって記者会見を開き、成人の日当日は「知人宅におりまして、そこで待機していた」などと説明した。

太田によると、篠崎社長に対して「お宅の娘さんには、成人式には何を着させたいですか?」といった質問もあり、「ただの嫌みでしかない」と苦々しく指摘。
相方の田中裕二も「もし被害者側の親だったら、どう思いますか?」「やっぱり怒りますね」といった質問もあったと続けた。

一連の質問について、太田は「記者会見で聞くことじゃない!」とバッサリ。
「責めてるだけ」で、「人民裁判みたいな、なんか社会的制裁みたいな」様相だったとし、「止めろよって思う」と苦言を呈していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14234481/

続きを読む

↑このページのトップヘ