リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: 週刊文春

1 :ニライカナイφ ★:2018/05/08(火) 16:06:31.93 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/DgDHNs6.jpg ◆「プライムニュース」反町キャスターがパワハラ問題で謝罪

 4月から始まったフジテレビの新番組「プライムニュース イブニング」。メインキャスターの反町理氏(54)がパワハラ問題について社内会議で謝罪していたことが「週刊文春」の取材で明らかになった。

 「今回の週刊誌報道、ならびに関連事案に関して、大変ご迷惑をおかけした。当事者の方々や、報道局の皆さんにもお詫びします。失礼しました」

 5月1日、フジテレビ10階の大会議室で開かれた報道局の全体会議で、反町氏は頭を下げた。

 反町氏のパワハラ問題については「週刊文春」4月12日発売号が報じていた。

 「春の改編前に局が行なった極秘調査で、被害者が少なくとも2人いたことが判明しました。女性記者をデートに誘い、フラれると後輩を逆恨み。政治部内で共有する取材メモを意図的に送らなかったり、時には罵倒することもあったそうです」(フジ局員)

 当時、本誌の取材に対して、フジ広報は「パワハラやセクハラの事実はなかったと認識している」と回答していたのだが、一体何があったのか。

 「『プライムニュース イブニング』の視聴率は3%前後と危機的状況。その上、パワハラ問題がくすぶる中で、財務省の福田淳一前次官のセクハラ問題を本腰入れて報じられないなどの“実害”も出ていた。また社内の女性局員から『どういうことか説明して欲しい』などの声が上がっていた。結局、報道機関として被害者に謝らないとまずいという結論になり、反町さんが渋々、謝罪したのです」(別の局員)

 5月9日(水)発売の「週刊文春」では、反町氏の謝罪に対する局内の反発などを詳細に報じている。

週刊文春 2018年5月17日号
http://bunshun.jp/articles/-/7305

続きを読む

1 :イセモル ★:2018/03/28(水) 16:30:16.82 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/18mnBiY.png 「週刊文春」恒例のアンケート企画「好きな俳優」「嫌いな俳優」の最新版調査で、「好きな女優」部門において、綾瀬はるか(33)が3年ぶりに王座奪還。「好きな男優」部門では玉木宏(38)がV2に輝いた。

アンケートは2月22日から3月16日まで約3週間にわたって、文春オンラインの無料メルマガ会員を対象に実施され、下は12歳から上は86歳まで、全体で5200超の票を集めた。

結果、「好きな女優」部門では、前回(2017年4月6日号)、前々回(2015年12月17日号)と連覇を達成した、のん(24)がトップを明けわたし2位に。綾瀬は前々々回(2015年3月12日号)までV5を成し遂げていたが、3年ぶりのトップに返り咲いた。2位ののんとは7票の僅差だった。3位には前回2位だった新垣結衣(29)が滑り込んだ。

一方、「好きな男優」部門のベスト3は、前回とまったく同じ顔触れ。1位は玉木、2位は阿部寛(53)、3位は木村拓哉(45)だった。2月に66歳で急逝した名バイプレイヤー、大杉漣が6位に入った。

***
引用ここまで
全文は下記よりお願いいたします|ω・)
http://bunshun.jp/articles/-/6784?page=1

続きを読む

1 :ストラト ★:2018/01/13(土) 15:58:16.70 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/bunshun.jp/mwimgs/4/7/1500wm/img_47dfca1c587413f257ebb2a5d61f976a128643.jpg 人気声優の三森すずこ(31)とプロレスラーのオカダ・カズチカ(30)の熱愛が「週刊文春」の取材により明らかとなった。

三森は人気アニメ「ラブライブ!」の園田海未役を演じ、いま最も注目を浴びる声優の1人。
2015年に第9回「声優アワード」で「ラブライブ!」作中のアイドルユニット「μ's」の一員として歌唱賞を受賞。
同年には第66回NHK紅白歌合戦にも「μ's」として初出場した。
またソロ活動でも2016年に初のソロ全国ツアーを開催。
10月27日、28日には同ツアーの千秋楽が日本武道館で行われた。

一方のオカダは金の雨を降らすパフォーマンスから「レインメーカー」の愛称で親しまれ、2012年2月のIWGP大阪大会では初挑戦にして棚橋弘至(41)から王座を奪取。
プロレス界にブームを起こした1人だ。プロレス界きってのイケメンレスラーで雑誌「an・an」で特集されたり、1月14日に初回放送の嵐・松本潤(34)主演のTBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」にも出演するなど幅広く活動している。

2人は2014年1月7日放送のネット番組「月刊ブシロード2月号発売直前新春特大SPニコ生」など、数多くの番組やイベントで共演。
親しげな様子から一部のファンの中では「2人は付き合っているのではないか」という噂も囁かれていた。
三森は昨年放送のプロレスアニメ「タイガーマスクW」(テレビ朝日系)にヒロイン役の声優として出演。
同作放送中の同年3月6日に行われた「新日本プロレス旗揚げ45周年記念大会」では、実況席に座り、自らプロレス好きを公言していた。

今年1月9日夜、仕事を終えた三森はタクシーに乗り込み、オカダの目黒区の自宅へと向かった。
2時間半ほど滞在すると、2人はそろってオカダの自宅を出発。
タクシーで三森の自宅へと向かった。2人が三森の自宅に入り2時間ほどすると、今度はオカダが1人でタクシーで自宅へと帰った。
この翌日も2人はレンタカーでドライブデートへと出かけていた。この様子を「週刊文春」取材班が撮影した。

取材班の直撃取材に、三森は「事務所を通してください」と答えたが、一方のオカダは1月12日、週刊文春取材班の取材に応じ、確認をすると「将来のことを真剣に考えて、いいお付き合いをさせてもらってます」と交際を認めた。
交際していたテレビ朝日の森葉子アナウンサー(31)とは破局していたことも明かした。

詳細は1月13日(土)の夜21時より放送の「週刊文春デジタル」のインターネット生放送 「文春砲Live」 で自宅通い熱愛の詳細を写真と2人の直撃動画とともに報じる。
1月18日(木)発売の「週刊文春」で詳報。
同日朝5時、「週刊文春デジタル」では関連スクープ動画を公開する。


文春取材班の直撃取材に答えるオカダと三森
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180113-00005870-bunshun-ent

続きを読む

1 :サスケ ★:2017/12/26(火) 17:48:46.26 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Hqdwjmd.jpg ■朝青龍がモンゴルのテレビで白鵬に“八百長陳情”!?

日馬富士暴行騒動以来、メディアに登場する機会の増えた元横綱・朝青龍(37)。
実は、事件が発覚する約2週間前の10月31日にモンゴルで放送されたテレビ番組「モンゴル民族の100人の偉人」において、問題発言をしていることがわかった。

「この番組はモンゴルの偉人を紹介する国民的人気ドキュメンタリーで、この回は、白鵬がとりあげられ、放送時間は3時間半に及んだ。
その中で、今年5月に収録された朝青龍と白鵬の対談が放送されたのです」(現地記者)

番組の中で、朝青龍は白鵬にこう語りかけている。
「チャンスがあるなら(日本人ではなく)別のモンゴル人を成功させるんだぞ。モンゴルの仲間に可能性を開いてあげるんだ」

 さらにこう続けた。
「“他人の犬を育てるよりは、自分の犬を育てろ”と言うだろう」

この後、2人はがっちりと握手を交わしている。
元モンゴル力士が顔をしかめる。

「モンゴルの諺(ことわざ)だね。要は身内を利する行動をとれという意味。
他のモンゴル力士に優勝のチャンスを与えるよう“八百長”を促したと受け取られかねない」

12月27日(水)発売の「週刊文春」では、今回の騒動における朝青龍の言動の他にも、貴乃花親方の激白など、貴ノ岩暴行事件の全真相に総力取材で迫っている。
また「週刊文春デジタル」では同日朝5時、朝青龍の発言場面などを動画で配信する。

週刊文春 2018年1月4・11日号
http://bunshun.jp/articles/-/5655

続きを読む

↑このページのトップヘ