リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: 週刊文春

1 :ストラト ★:2018/01/13(土) 15:58:16.70 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/bunshun.jp/mwimgs/4/7/1500wm/img_47dfca1c587413f257ebb2a5d61f976a128643.jpg 人気声優の三森すずこ(31)とプロレスラーのオカダ・カズチカ(30)の熱愛が「週刊文春」の取材により明らかとなった。

三森は人気アニメ「ラブライブ!」の園田海未役を演じ、いま最も注目を浴びる声優の1人。
2015年に第9回「声優アワード」で「ラブライブ!」作中のアイドルユニット「μ's」の一員として歌唱賞を受賞。
同年には第66回NHK紅白歌合戦にも「μ's」として初出場した。
またソロ活動でも2016年に初のソロ全国ツアーを開催。
10月27日、28日には同ツアーの千秋楽が日本武道館で行われた。

一方のオカダは金の雨を降らすパフォーマンスから「レインメーカー」の愛称で親しまれ、2012年2月のIWGP大阪大会では初挑戦にして棚橋弘至(41)から王座を奪取。
プロレス界にブームを起こした1人だ。プロレス界きってのイケメンレスラーで雑誌「an・an」で特集されたり、1月14日に初回放送の嵐・松本潤(34)主演のTBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」にも出演するなど幅広く活動している。

2人は2014年1月7日放送のネット番組「月刊ブシロード2月号発売直前新春特大SPニコ生」など、数多くの番組やイベントで共演。
親しげな様子から一部のファンの中では「2人は付き合っているのではないか」という噂も囁かれていた。
三森は昨年放送のプロレスアニメ「タイガーマスクW」(テレビ朝日系)にヒロイン役の声優として出演。
同作放送中の同年3月6日に行われた「新日本プロレス旗揚げ45周年記念大会」では、実況席に座り、自らプロレス好きを公言していた。

今年1月9日夜、仕事を終えた三森はタクシーに乗り込み、オカダの目黒区の自宅へと向かった。
2時間半ほど滞在すると、2人はそろってオカダの自宅を出発。
タクシーで三森の自宅へと向かった。2人が三森の自宅に入り2時間ほどすると、今度はオカダが1人でタクシーで自宅へと帰った。
この翌日も2人はレンタカーでドライブデートへと出かけていた。この様子を「週刊文春」取材班が撮影した。

取材班の直撃取材に、三森は「事務所を通してください」と答えたが、一方のオカダは1月12日、週刊文春取材班の取材に応じ、確認をすると「将来のことを真剣に考えて、いいお付き合いをさせてもらってます」と交際を認めた。
交際していたテレビ朝日の森葉子アナウンサー(31)とは破局していたことも明かした。

詳細は1月13日(土)の夜21時より放送の「週刊文春デジタル」のインターネット生放送 「文春砲Live」 で自宅通い熱愛の詳細を写真と2人の直撃動画とともに報じる。
1月18日(木)発売の「週刊文春」で詳報。
同日朝5時、「週刊文春デジタル」では関連スクープ動画を公開する。


文春取材班の直撃取材に答えるオカダと三森
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180113-00005870-bunshun-ent

続きを読む

1 :サスケ ★:2017/12/26(火) 17:48:46.26 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Hqdwjmd.jpg ■朝青龍がモンゴルのテレビで白鵬に“八百長陳情”!?

日馬富士暴行騒動以来、メディアに登場する機会の増えた元横綱・朝青龍(37)。
実は、事件が発覚する約2週間前の10月31日にモンゴルで放送されたテレビ番組「モンゴル民族の100人の偉人」において、問題発言をしていることがわかった。

「この番組はモンゴルの偉人を紹介する国民的人気ドキュメンタリーで、この回は、白鵬がとりあげられ、放送時間は3時間半に及んだ。
その中で、今年5月に収録された朝青龍と白鵬の対談が放送されたのです」(現地記者)

番組の中で、朝青龍は白鵬にこう語りかけている。
「チャンスがあるなら(日本人ではなく)別のモンゴル人を成功させるんだぞ。モンゴルの仲間に可能性を開いてあげるんだ」

 さらにこう続けた。
「“他人の犬を育てるよりは、自分の犬を育てろ”と言うだろう」

この後、2人はがっちりと握手を交わしている。
元モンゴル力士が顔をしかめる。

「モンゴルの諺(ことわざ)だね。要は身内を利する行動をとれという意味。
他のモンゴル力士に優勝のチャンスを与えるよう“八百長”を促したと受け取られかねない」

12月27日(水)発売の「週刊文春」では、今回の騒動における朝青龍の言動の他にも、貴乃花親方の激白など、貴ノ岩暴行事件の全真相に総力取材で迫っている。
また「週刊文春デジタル」では同日朝5時、朝青龍の発言場面などを動画で配信する。

週刊文春 2018年1月4・11日号
http://bunshun.jp/articles/-/5655

続きを読む

1 :ストラト ★:2017/12/20(水) 17:25:32.14 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/bunshun.jp/mwimgs/6/4/1500wm/img_64065a53b285e58354fd80cc9db2be80249363.jpg 12月15日、前夫・船越英一郎(57)との「離婚成立」会見を開いたタレントの松居一代(60)。
彼女が船越から刑事告訴されていることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

「離婚成立」会見では「離婚を勝ち取った」「夢がかなった」と一方的に勝利宣言をし、ガッツポーズを何度も繰り返した松居。
2人の離婚をめぐっては、今年7月から松居の言動が大きな注目を浴びていた。

「ブログやYouTubeで攻撃する松居に対し、船越サイドはまず東京地裁に名誉毀損行為を差し止める仮処分を申請。その後、彼女が『二度と誹謗中傷しない』と表明したので、この仮処分申請は取り下げられました」(警視庁担当記者)

しかし、民事とは別に、松居は船越によって刑事告訴もされているというのだ。

「船越サイドは警視庁北沢署に名誉毀損の刑事告訴を行なっており、9月以降に正式受理されています。年明けにも捜査が始まると見られ、偽計業務妨害などに問われれば、3年以下の懲役、50万円以下の罰金となります。また任意の聴取に応じなかったり、反抗的な態度をとり続ければ逮捕の可能性もあります」(同前)

松居の顧問弁護士に取材を申し込んだが、期日までに回答はなかった。
12月21日(木)発売の「週刊文春」では、松居・船越の離婚調停の裏側などを詳報している。


松居一代
船越英一郎
https://i1.wp.com/bunshun.jp/mwimgs/8/6/1500wm/img_865bc208543a415ca7930add7ff4f98031000.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171220-00005484-bunshun-ent

続きを読む

1 :影のたけし軍団ρ ★:2017/10/18(水) 16:05:39.09 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wQhRBR2.jpg 関西発のお昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ)で10年以上にわたり司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、
同番組を降板し、フジテレビの新番組の司会に就く予定であることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

讀賣テレビ関係者によれば、「来年3月末で『ミヤネ屋』を降板する」という。

「今年8月に『ミヤネ屋』はスタジオをリニューアルしたばかりですが、去年頃から『ミヤネ屋』に対する宮根さんのモチベーションがなくなってきています。
元々ほとんど台本なしの進行ですが、マンネリを感じている。所属事務所と本人は『視聴率が下がり追い込まれるまでに辞めて、
キャスターとしての商品価値をキープしたい』と考えています」(番組関係者)

そんな宮根に接触したのが、フジテレビだった。

「来年4月から宮根さんにはフジテレビで放送される月〜金の夕方帯の新たな報道番組の司会を務めてもらう予定です」(フジテレビ関係者)

フジテレビにはどうしても宮根を獲得したい事情があった。

「今の夕方帯の『みんなのニュース』は惨敗の状態です。同時間帯の番組では日テレ、テレ朝、TBSに負け続けている。
10月にリニューアルしましたが、状況に変化は見られません」(同前)

宮根の電撃移籍によって、フジテレビは復活することができるのか。

フジテレビ、讀賣テレビに対し移籍について質問したが、共に「そのような事実はございません」と否定した。

週刊文春10月19日発売号では、宮根本人への直撃取材、電撃移籍が内定した裏事情などについて詳報している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00004594-bunshun-ent

続きを読む

↑このページのトップヘ