リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: 卓球

1 :Egg ★:2018/10/30(火) 01:14:52.47 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/jV7QuAC.jpg 「泣き虫愛ちゃんと言われ、“泣き虫じゃないもん”って思ったけど、最後のリオデジャネイロ五輪でもすごく泣いて、やっぱり泣き虫だった」

10月23日、都内のホテルで引退会見を開いた福原愛。26年間の卓球人生を振り返り、最後には自分を育ててくれた報道陣と記念撮影をするなど“愛ちゃん”らしさにあふれたものだったのだが……。

「愛ちゃんは前日にブログで引退を発表したのですが、急きょ会見をすることに。会場は翌日開幕するTリーグの前夜祭会場でした。しかし、会見をすることは直前までTリーグ側には知らされておらず、かなり驚いていましたよ」(スポーツ紙記者)

『Tリーグ』とは今年からスタートした卓球リーグのこと。将来的にはプロ化される予定で、福原は理事として運営に携わっている。

いきなりの引退

「知名度でナンバーワンの福原さんは、リーグ1年目からの参戦が期待されていました。ですが、産後すぐで体調が思わしくないことから、来年以降の参戦と思われていたんです。ですが、リーグにも相談せずにいきなりの引退。裏切られたと思うスタッフもいるようですよ」(卓球関係者)

石川佳純や平野美宇など、若手の女子選手は順調に育っているが、卓球界としては知名度抜群の福原に頼りたかったのが本心だろう。とはいえ、彼女にも引退を決断した事情があった。

「今回のTリーグには、夫の江宏傑選手も沖縄のチームに所属し参戦しています。夫婦が住む台湾から試合のたびに来日することになるでしょう。もし、愛ちゃんも参戦するとなると、どうしても子育てなどの問題が出てきてしまう。そこで、彼女は一線から身を引くことにしたのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

会見でも「娘には自分が卓球選手だったことを内緒にしたい」と話している。子育てと卓球は切り離して生活していく心づもりなのだろう。

「現在、福原さんのマネージメントは大手広告代理店が担当しています。引退会見を主導し好感度を上げたのも彼らの作戦。もちろん、Tリーグのアピールにひと役買ったことは間違いないですが、それ以上に、今後のCMやキャスターとしてのタレント価値を大きく上げたことでしょう。

今後は選手としてではなく、タレントとして卓球界を盛り上げていくのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

ファン層の拡大には、やっぱり彼女の力が必要不可欠なのだ。

10/29(月) 22:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00013671-jprime-ent

続きを読む

1 :ひかり ★:2018/10/23(火) 19:54:15.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.daily.jp/general/2018/10/23/Images/d_11755579.jpg  今月21日に自身のブログで現役引退を表明した、卓球女子・ロンドン、リオデジャネイロ五輪メダリストの福原愛(29)が23日、都内で取材に応じた。
数十分にわたって、第一線を退くことへの思いや葛藤、国民への感謝を語った後で、こうした取材現場では異例な、報道陣との記念撮影を申し出た。

 思いを語り尽くした後で、「小さい頃から本当におせわになりました」と、ファンや国民へのものとは別にメディアへ向けて感謝の思いを語った。小さいころはカメラマンは
「肩からカメラが生えていると思った」「三脚で遊ばせてもらった」など、感謝を口にした。
 その上で、詰めかけた報道陣に対して、「今日、ここにいらっしゃる皆さんと写真をとってもいいですか」と申し出た。取材場所に限りがあったこともあり、
どうしたらうまく撮れるか試行錯誤したあげく、とびきりの笑顔で写真に納まった。

デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/general/2018/10/23/0011755578.shtml

続きを読む

1 :豆次郎 ★:2018/10/22(月) 18:07:42.63 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/GfKxfT8.jpg 10/22(月) 14:25配信

 卓球の福原愛さんが2018年10月21日、自身のブログで現役引退を発表した。福原さんは12年ロンドン五輪団体で銀メダルを獲得し、16年リオデジャネイロ五輪では団体銅メダルを獲得。3歳から卓球を始めて26年間、日本の女子卓球界を牽引してきた福原さんは、今後、卓球界発展へ向けて裏方として尽力する。

 3歳でラケットを握り、幼いころから「天才卓球少女」として世間の注目を集めた。泣きながら母・千代さんの指導を受ける姿がテレビで放送されると、愛称が「天才少女」から「泣き虫愛ちゃん」へ。幅広い層から愛された。

■中国超級リーグでも人気

 19年前、スポーツ紙の記者として福原さんを始めて取材した。福原さんが小学校5年生の時だった。

 その頃、福原さんはすでにプロとして活躍しており、「泣き虫愛ちゃん」の面影はほとんど残っていなかった。

 高校に入学すると活躍の場を中国に求め、中国超級リーグに参戦。中国語が堪能で、肌が綺麗で透明感があって可愛いことから、磁器のお人形を意味する「瓷娃娃」(ツーワーワー)の愛称で、卓球王国・中国で絶大なる人気を誇った。

 成長するにつれて世界ランキングも上昇し、世界の舞台で活躍するようになったが、記者が取材をしていた頃は、話題先行の感が強かった。

 日本の同世代では敵なしでも、世界的に見て、福原さんがどれほどのレベルにいたかは正直、分からなかった。

 そこを鋭く、的確に指摘したのは小山ちれさんだった。

 小山さんは中国出身で、1987年世界選手権シングルスで優勝するなど世界ランキング1位の世界女王にもなった。89年に日本人男性と結婚し3年後に日本に帰化した。全日本選手権では史上最多となる8度のシングルス優勝を果たした。

  「なんでみんなそんなに騒ぐの。あの程度の選手は中国にはざらにいる」

 2001年の全日本選手権で福原さんと対戦した小山さんの言葉である。

 取材していた記者にとって衝撃的な発言だった。これまでも物事をストレートに表現する小山さんだったが、思いもよらぬ場面で厳しい現実を突き付けられた感があった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000006-jct-soci

続きを読む

1 :Egg ★:2018/10/17(水) 00:31:33.38 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/75AKr7o.jpg 生徒の目の前で賞状を破り捨てたということです。

 川崎市の中学校に勤務する50代の男性教師は今月6日、顧問を務める卓球部が市の大会の男子団体戦で3位に入って受け取った賞状を部員の生徒らの目の前で破り捨てたということです。学校によりますと、男性教師は、聞き取りに対して「優勝したかった」「やる気を出させるためにパフォーマンスとしてやった」などと話しているということです。中学校の校長は「いかなる事情があろうと、賞状を破り捨てたことはとんでもないことであり、許されることではない」として、男性教師を厳しく指導したということです。

2018年10月16日 18時45分テレ朝ニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15453153/

続きを読む

↑このページのトップヘ