リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: 一般・全般

1 :マイナンバー ★:2018/02/18(日) 11:18:34.16 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/LVc2SYZ.jpg 平昌五輪、下町ボブスレー土壇場で不採用の真相
ダイヤモンドオンライン

● 双方の目的の違いが問題の原因
 展示会や営業活動の評価、効果測定は難しい。その場で受注につながらなくても商談や関係が継続する場合もあるし、
直接の成約率やコンバージョンレートのような目に見える効果測定値にまどわされると、マーケティングそのものが失敗することもある。
オリンピックに出場することよるPR効果をもって、
大田区を中心とする地元企業の売上や取引額の中長期での拡大が、このプロジェクトのゴールだ。

この点の共有や理解がなければ、プロジェクト、協賛企業、ジャマイカ連盟など関係者が不幸になる。

 今回の問題は、ここに集約されるような気がしてならない。

 繰り返すが、下町Pは、あくまでオリンピックを手段に、事業の拡大を目的とするものである。
一方、ジャマイカ連盟の目的は、世界大会やオリンピックでの勝利だ。
このすり合わせができていなかったとしたら、責任は双方にあると考えるのが公平だろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180218-00159946-diamond-bus_all&p=5

続きを読む

1 :金魚 ★:2018/02/15(木) 11:54:29.11 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XYDjSUq.jpg カーリングには美女が多い。2006年、トリノ五輪の元祖カーリング娘・小野寺(現在は小笠原)歩や林(同じく船山)弓枝、
マリリンこと本橋麻里あたりにその系譜の原点がありそうだ。4年後のバンクーバー五輪には「チーム青森」が出場。
本橋の他にも、近江谷杏菜(現在は北海道銀行フォルティウス所属)が健康的な和風美人と評された。

 バンクーバー後には“美しさが余るカーラー”、“氷上の佐々木希”などと呼ばれた市川美余がブレイクし、
市川のチームメイトだった中部電力の松村千秋もボーイッシュな魅力があると人気を集めた。

 連綿とカーリング美女の歴史は続いているが、そもそもカーリングにはなぜ美女が多いのか。
その理由をカーリング取材歴9年のスポーツライター・竹田聡一郎氏に聞いた。

「理由は諸説、ささやかれています。氷がレフ板の役目を果たすとか、寒い地域出身の選手が多くみんな肌が綺麗だとか、
冬季競技では珍しくきちんと顔を出すスポーツなのでしっかりメイクができるとか。
なぜかと言われると決定的な理由は見つかりませんが、美人が多いのは確かです」

○今回の平昌五輪に出場する海外チームにも美人はいるのか。竹田氏に聞くと「います」と即答。注目の美人選手を聞いてみた。

「まず一番に挙がるのは、イギリスのイブ・ミュアヘッド選手ですね。五輪はGB(グレート・ブリテン)で出場しますが、
カーリング発祥地・スコットランドのパース出身の選手です。カーラーであった父親の影響で8歳からカーリングを始め、19歳でバンクーバー五輪に出場。2013年の世界選手権では優勝を飾り、“天が二物を与えたタレント”と言いたいところですが、ゴルフもシングルの腕を持ち、スコットランドの民族楽器バグパイプ奏者としても一流らしく、マルチな才能を持った天才肌の女性です。

 大会で何度か見かけたことがあるのですが、宿舎などアイスの外ではけっこうポーッとしている子なんですけど、
アイスに入るとスイッチが入るタイプなんでしょう。そのギャップも素敵です」

 続くのは才色兼備の金メダル本命候補だという。

「カナダのスキップ、レイチェル・ホーマン選手です。ソチ五輪金メダリストでカナダのレジェンド的存在、
ジェニファー・ジョーンズ選手をオリンピックトライアルで破り、悲願の初五輪出場となりました。

また、このチームはサードのエマ・ミスキュー選手も身長が高くスタイルの良い美人なので、アイス内で並び立つカットは壮観なのではないでしょうか」

○では、日本代表はどうか。

「日本代表のロコ・ソラーレ北見(LS北見)は5選手みんなキャラ立ちしてますね。本橋選手は皆さんご存じでしょうが、
鈴木夕湖(ゆうみ)選手は無敵キャラでブレイクしそうですし、全身から『カーリング大好き!』感が溢れる藤沢五月選手も可愛らしい。

 ただ、今回は吉田知那美&夕梨花の姉妹を推します。姉の知那美選手はソチ五輪にも出場した“持ってる”カーラーですね。
実家の猫を溺愛していますが、どことなく本人も猫っぽい自由なキャラクターでもあります。

 2歳年下の夕梨花選手は、おっとり美人のビジュアルなのですが、芯の強さはチームでも一番かもしれない職人肌。
リード特有のウィックという相手のガードストーンをずらすデリケートなショットの名手です。
彼女のウィックが決まれば日本の勝利がぐっと近づくでしょう」

 女子の一次リーグは14日に始まる。ミュアヘッドにホーマンに吉田姉妹。氷上を彩る美女の活躍に期待したい。

https://news.biglobe.ne.jp/sports/0214/sgk_180214_6808134324.html

続きを読む

1 :pathos ★ :2018/02/04(日) 14:15:14.54 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/portal.st-img.jp/detail/3fc181508591ccd23d17a1e524501860_1517714292_2.jpg  フィギュアスケートの全国中学大会が4日、長野市ビッグハットで開幕し、女優の本田望結(13=関大中)が出場した。

 ショートプログラム(SP)滑走8巡目の登場だったが、ジャンプの失敗が響いて46・34点と伸び悩み、その時点で3位。上位18人が進出できるフリー出場が微妙となり、「(ダブル)アクセルで失敗するとは思っていなかった。悔しさしか残っていない。もうちょっとできたと思う」と唇をかんだ。

 女優とフィギュア選手という二足のわらじを履いていることについては、「両方好きなことをやっているだけなので、それを言い訳にしたくない」ときっぱり。「この大会に向けてできるだけのことはやってきたので、この結果は悔しい」と最後まで納得がいかない様子だった。

https://article.auone.jp/detail/1/6/12/8_12_r_20180204_1517710442009490

続きを読む

1 :金魚 ★:2018/02/03(土) 14:02:17.31 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Rj2DjOP.jpg よみがえったな、松坂大輔。1年前とは全然違う。去年ソフトバンクで見たときは肩の可動域が狭く、ひっかくような投げ方。「レジェンド」と言える域に達した男が、苦しい表情でもがいていた。

 それが、どうだ。背番号99のユニホームでの初ブルペン。腕がしっかり前で振れ、投げ終わった瞬間、投球板を蹴った右足が捕手方向に着いている。うまく体重移動できている証拠だ。

 球の質も違う。ミットをバーンと押し込んでいく迫力。2004年のアテネ五輪を思い出したよ。予選リーグのキューバ戦。大輔は4回にグリエル(現アストロズ)の打球を右腕に受けながら「投げさせてください」と志願して8回まで無失点に抑えたんだ。

 その心意気、闘争心はまだ失っていない。だからこそ、けじめをつけるための再チャレンジ。野球大好き小僧なんだな。ファンや復活のチャンスをくれた中日に恩返しするストーリー。期待しようじゃないの。(本紙評論家)

http://news.livedoor.com/article/detail/14249444/

続きを読む

↑このページのトップヘ