リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: 一般・全般

1 :ラッコ ★ :2018/08/01(水) 18:35:39.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7ZVmYgD.jpg AKB×おっかけ×目を覚ませ×キセル×お金がかかる
2018-07-25 13:40:09

AKBのファンが追っかけをするのにお金がかかるという理由から、電車で乗り降りをする際に同じくおっかけ仲間と協力、いや、この場合は「共謀」してキセル行為をおこなったとして逮捕されました。

この件について、私はAKBはお金がかかるアイドルだ! と言うつもりは全くありません。
アイドルというのはゴルフや映画鑑賞、旅、楽器、テーマパークと一緒で同列と考える必要がある「お金のかかる道楽」と認識しておく必要があります。

相手が女の子、しかも私たちは会えるアイドルです! みたいな売り方をしているので、
一見すごく距離が近そうで、お金なんて二の次なんですぅ〜と思ってしまいがちですが、むしろ逆。
そういうものこそお金がかかるものなんです。

かといってこういった違法行為をしていいということではなく、罰せられるのは仕方ありません。
そして、おそらく今回のこのようなものは氷山の一角なのだと思います。

道楽にはお金がかかります。アイドルも道楽です。
テーマパークと同じく、冷静に考えると自分の人生に別に必要はありません。
そこから考えてほしいことがあります。

お金というのは自分にかけるのも大事で、ある意味ではアイドルも自分のためだとも言えます。
が、例えば男性が普通に彼女を作ったりせずに服装も髪型も気にせずにアイドルに費やしていると普通の恋はどんどん遠ざかっていきます。

お金ってすごく大事で、そのお金を自分の身なりや他の学びごとにかけると良い意味で自分に返ってきます。
しかし、アイドルにかけていても正直その見返りはあまりありません。
むしろ無いどころか世間的な女性からの評価も高くなることはおそらくありません…。

自分を客観視する。これは本当に大切なことです。
違法行為をしてまでしないと追っかけができないということは、自分には高嶺の花だったということです。

小川満鈴オフィシャルブログPowered by Ameba
https://ameblo.jp/ogawamina/entry-12393223318.html

※小川 満鈴(おがわ みな、生年月日1993年3月3日、25歳)は、日本の元子役、元ジュニアアイドル、元グラビアアイドル。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%BA%80%E9%88%B4

<関連スレ>
アイドルが次々と握手会を欠席する本当の理由はキモいオッサン達との握手が嫌だから 更に夏場は体臭地獄 唯一の救いはイケメンファン★5
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532659522/
【西野七瀬/文春砲】小川満鈴が乃木坂ファンに苦言「アイドルは一生自分のものにはならず、お金だけ吸い取られる」「手の平で転がされている」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529737778/
元Jrアイドル・小川満鈴「握手会では心のどこかで『オッサン達モテないからアイドルに必死で、心の隙間を埋めてるんだろうな』って思ってた」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524942993/

続きを読む

1 :れいおφ ★:2018/07/31(火) 07:16:44.16 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/qWHwXBo.jpg フランス対クロアチア。7月16日に行われたロシアW杯決勝戦後、ロシア国内の高級ホテルに、サッカー界を代表する2人のレジェンドの姿があった。

元フランス代表のダヴィド・トレゼゲ(40)は、’98年にW杯で優勝、’02年にはセリエAの得点王にも輝いた。
元ブラジル代表のロベルト・カルロス(45)は、「悪魔の左足」という異名で恐れられ、14年にわたりカナリア軍団の左サイドに君臨した伝説の選手だ。

「日本代表の評価を聞きたい」という本誌の直撃に2人は快く応じてくれた。

トレゼゲ ベルギー戦での敗北は、日本に強豪国との試合経験と勝つための戦術がなかったからだね。もしあれがフランスやドイツなら2ー0からひっくり返されることはなかった。

ロベカル 強豪国では当たり前に行われている適切な時間配分や、勝つための最適なプレーが日本代表は出来ていなかった。
       ベスト8進出は今回の敗戦をどう活かすかにかかっているが、日本では今、次の監督を日本人にするか、外国人にするかで大モメらしいね。

トレゼゲ オレは外国人にすべきだと思っている。言っちゃ悪いが、日本人で強豪国との戦い方を知っている監督はいないだろう。

ロベカル 確かに。まだまだ日本は発展途上のチームだからな。それと、強くなるためには、監督だけじゃなくメディアや国民の目も必要だ。

トレゼゲ メディアが選手たちを甘やかしてしまうのか、勝ちきれなかったと受け止めるか、この差は大きい。

ロベカル ベルギー戦に負けてさぞかし日本人は悲しんでいると思ったけど、「よくやった」という雰囲気なんだって。それじゃあ強くはならない。

トレゼゲ まあ、とはいえ、日本の未来は明るいよ。今回、ワールドクラスと呼べる選手が何人もいた。

ロベカル 長友佑都(31)や香川真司(29)といった名の知れた選手だけでなく、柴崎岳(26)、酒井宏樹(28)といった中堅も世界レベルで充分やれることを証明してみせた。
      特に柴崎の長短使い分けたパス回しで試合を支配していく様は圧巻だった。このまま成長していけば、柴崎は欧州トップクラスのビッグクラブからも声がかかるかもしれない。

トレゼゲ あとは、独力でゴールをこじ開けられる選手が出てくれば、ベスト8は現実的な目標になる。次回、’22年のカタールW杯では、オレたちは母国の次に日本を応援することにするよ。

 レジェンドたちも太鼓判を押した日本代表の可能性。森保一氏が「東京五輪代表」と兼任のA代表監督に就任し、サムライブルーは新たな歴史を作り続けるに違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180731-00010001-friday-socc

続きを読む

1 :ほニーテール ★:2018/07/20(金) 12:47:16.47 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/4kWv8oo.jpg 20日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系、金曜午後9時)は、「夏のスーパーアニメ祭り第1弾」と題して、細田守監督の劇場版アニメ「時をかける少女」(2006年)を放送する。同日公開される細田監督の最新作「未来のミライ」の公開を記念した「2週連続 細田守監督スペシャル」の第1弾となる。
また同日の放送で、細田監督が手掛ける「金曜ロードSHOW!」の新たなオープニング映像が初公開される。

劇場版アニメ「時をかける少女」は、小説家・筒井康隆さんのジュブナイル小説が原作で、時間を自由に行き来できるタイムリープの能力を手にした少女の青春物語。主人公で高校2年生の真琴は、クラスメイトの千昭、功介と、放課後に野球やカラオケをする日々を過ごす、ごく普通の女の子。
ある日、叔母の和子の元に寄ろうと自転車をこいでいると、ブレーキの故障で踏み切りに突っ込んでしまい、タイムリープの力を手にする。
カラオケを半永久的に楽しむなど好き勝手に能力を使っていた真琴だが、ある日、千昭から突然告白され、それをなかったことにするため、何度も時間を行き来していると、時間操作の影響で同級生の高瀬がイジメに合うなど、思わぬ事態が発生し……というストーリー。

 声優は、真琴を仲里依紗さん、千昭を石田卓也さん、功介を板倉光隆さん、和子を原沙知絵さんが務めるほか、垣内彩未さん、谷村美月さん、関戸優希さんらも参加している。

 27日の「金曜ロードSHOW!」は、細田監督のアニメ映画「バケモノの子」(15年)を放送する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000043-mantan-ent

続きを読む

1 :けろよん ★:2018/07/19(木) 08:27:32.29 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/PYCvgwU.jpg 山鹿市の八千代座で鞠智(きくち)城にまつわる昔話などを語って聞かせる常田富士男さん=2009年12月
 テレビアニメ「まんが日本昔ばなし」の語り手として知られる俳優の常田富士男(ときた・ふじお)さんが18日午後、病気のため入院していた東京都内の病院で死去した。81歳。通夜、葬儀は近親者で執り行う。自宅は非公表。

 1937年、長野県生まれ。小学3年から南小国町で育ち、済々黌高定時制を卒業後、上京。劇団民芸の養成所に入った。俳優としては、黒沢明監督の「赤ひげ」や、今村昌平監督の「楢山節考」「うなぎ」、中山節夫監督の「原野の子ら」などに出演した。

 「まんが日本昔ばなし」では、女優市原悦子さんとのコンビで1975年から94年まで語り手を担当。「むかーし、昔のことじゃったあ」との味わい深い語りで視聴者を魅了した。宮崎駿監督のアニメ映画「天空の城ラピュタ」でも声優を務めた。

 関係者によると、常田さんは数カ月前から、脳出血で入院していたという。(中原功一朗)
熊本日日新聞
https://this.kiji.is/392420789518894177

続きを読む

↑このページのトップヘ