リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: 野球

1 :ニーニーφ ★:2019/01/19(土) 20:10:30.84 ID:s2yyfCsj9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hhOAWoy.jpg  読書が趣味で多いときには月20冊以上。テレビは見ない。
マジメ過ぎる中日のドラフト1位、根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が注目を集めている。

 今月7日の新人合同自主トレ初日には約150人の報道陣が詰めかけ、
2日目には竜党で知られるスピードワゴンの井戸田潤(46)が在名テレビ局の取材で球場に訪れた。
在名メディア関係者は「久々に全国区の若手が入った。一挙手一投足を追うかいもある」と喜ぶ。

 そんな騒ぎを尻目に、スーパールーキーは「見られた中で結果を残せるようにしたい。
早く(プロに)慣れるのが一番。キャンプ、シーズンに向けて体を作ることが大事」と落ち着き払っている。

 そんな後輩に、根尾と同じく高校3年の夏に全国制覇を果たし、
2015年ドラフト1位で入団した小笠原慎之介投手(21)は、
「いま振り返って、自分には彼のような余裕はなかったですね。まあ、ひと言でいえばスゴイと思います」と感心しきりだ。

 「先日も夜のまだ早い時間に、寮の大広間でテレビを見ていて、彼が通ったので声をかけたら『もう寝ます!』と」
と目を白黒させる。

 根尾は「見ないので」と自室にもテレビを置いていない。
1年目から品行方正で地頭の良さを発揮する半面、やんちゃな先輩も多いプロの世界で
浮いてしまわないか心配になるが、小笠原は「僕個人の考えですが、今のスタンスでいいと思いますよ。
接触する時間は短いですが、フランクに話せば、そのままフランクに返してくれますから。
皆がおちゃらけてたらチームが締まりませんし、彼のキャラが生かされるポジションでやれると思いますけど」とみる。

 センパイも一目置く根尾は、2月のキャンプでも話題を振りまきそうだ。(山戸英州)

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190119-00000005-ykf-spo

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/01/19(土) 09:41:40.13 ID:F5dSF8qq9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/6AKeI57.jpg 伸び上がるボールが本物の証しだ。日本ハムドラフト1位の吉田輝星投手(18=金足農)が18日、千葉・鎌ケ谷での新人合同自主トレで初めてブルペン入りした。

立った捕手を相手にカーブを3球交えた23球。強靱(きょうじん)な下半身を土台とし、ベース板まで失速しない直球を披露した。吉田輝星の直球は、リリースから終点までプロの平均値より9センチも落ちず、伸びていく。甲子園を沸かせた代名詞で堂々と歩を進める。

   ◇   ◇   ◇

吉田輝星には9センチのすごみが備わっている。速球の「伸び」はデータでも証明されている。野球データ教育サイトの「ベースボールギークス」(http://www.baseballgeeks.jp)によると、吉田輝星のボールのホップ成分は、プロ投手の中でも群を抜いている。

ボール変化量(重力の影響のみを受けてボールが到達した地点を原点とした時、回転数と回転軸による揚力の影響を受けてボールがどれだけ変化したか)を測定すると、縦変化は53センチを示す。プロ平均は44センチで、吉田輝星は9センチも上回る。硬式球の直径は約7センチで、ボール1個以上も違う。実際にボールが浮き上がるわけではないが、ホップするような印象を与える。

さらに、ほとんどの投手の直球はシュート回転がかかるが、吉田輝星の横変化は10センチ。プロ平均の26センチよりもシュート成分が少ない。つまり、見慣れている球よりも、より真上にボールが伸び上がるような軌道でプロの打者に襲いかかることになる。

回転数自体は2125rpm(1分間に回転する数)と、同世代の根尾の2242rpmより少ない。だが手首をより立てて投げることで、回転軸が純粋なバックスピンに近くなり、球を浮き上げる揚力が発生しやすいという。

データは金足農2年時の11月に測定されたもの。昨夏の覚醒を経て、類いまれなる速球の球質は、さらなる進化を遂げている可能性もある。

◆日本ハム柴田ブルペン捕手(吉田輝の投球を受け)「しっかり指にかかっていた。縦回転で軸がしっかりしている。きれいな真っすぐ。球速は、だいたい130キロ後半くらいですかね? カーブは縦のいいカーブだった」

1/19(土) 0:48
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00451488-nksports-base

関連スレ
【野球】日ハムのドラフト1位、吉田輝星の「下半身」に周囲絶賛
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547716191/

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/18(金) 09:29:37.93 ID:rlWhi3aU9

https://i1.wp.com/image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/0/406fc_1643_8531e84ff4f58e836e6dbce5c6b457f9.jpg 原監督からの評価が低いのは、こういうところがあるからなのね


中日・大島洋平らとともに大阪で自主トレ中の小林。直撃には誠実に対応してくれたが、表情は冴えなかった

「赤信号のときにですね、ホールド(クルマが停止した状態を保つこと)を忘れてて……。前に進んでしまって、コツンと当たってしまったんです」

球界きってのイケメンは、甘いマスクに渋面をつくってそう語ると、足早に自主トレ先の「日本生命スタジアム」(大阪府貝塚市)へと入っていった。

昨年は不祥事続きとなった巨人に、年明け早々、またしても"事件"が起きた。昨季の正捕手・小林誠司(29)が、1月7日午前、自主トレ先の大阪で交通事故を起こしていたのだ。

「岸和田市内で信号待ちをしていた際、小林はブレーキをちゃんと踏んでいなかったのか、前に停車していたクルマに衝突したんです。
幸い、相手に怪我はなかったため、事故は『物損事故』として処理されました」(全国紙社会部記者)

巨人はオフに西武から捕手の炭谷銀仁朗(31)をFAで獲得。原辰徳監督(60)も昨季の打率.219の小林に対して「物足りない」と公言しており、正捕手の地位はまったく保証されていない。

それだけに、球団上層部が「大事な時期に何をやっているんだ」と怒っていても不思議ではないが、読売巨人軍広報部は本誌の取材に、

「小林選手の事故対応に問題はなく、球団も当日のうちに事故の報告を受けていますが、先方の方や警察にご迷惑をおかけしたことは、球団としてもお詫びいたします」

と回答した。

小林の愛車である1300万円の『ポルシェ・マカンターボ』は、ナンバープレートに小さなキズができただけで済んだ。
原監督からの評価においても、今回起こした事故が「小さなキズ」で済めばいいが……。

1月18日発売のFRIDAY最新号では小林選手への直撃取材の他、『ポルシェ・マカンターボ』の写真などを掲載している。

PHOTO:加藤?慶

詳細の書かれた本誌記事はコチラ

http://news.livedoor.com/article/detail/15889407/
2019年1月18日 7時0分 FRIDAYデジタル

読売ジャイアンツ 小林誠司応援歌 東京ドーム
https://www.youtube.com/watch?v=YjEHUfUmv7Q

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/18(金) 17:39:13.01 ID:gBolYTK99

https://i1.wp.com/i.imgur.com/vkYjLBM.jpg 【元巨人 クロマティが斬る】

私が巨人でプレーした1980年代に日本で活躍していた打者のトップ10を挙げると、以下のようになる。

 吉村禎章(巨人)

 衣笠祥雄(広島)

 篠塚利夫(巨人)

 秋山幸二(西武)

 掛布雅之(阪神)

 大豊泰昭(中日)

 門田博光(南海)

 原辰徳(巨人)

 真弓明信(阪神)

 落合博満(ロッテ、中日)

このうちメジャーリーグでプレーできるのは吉村、秋山、原、衣笠。3冠王に3度輝いた落合には疑問符がつく。

落合はステップ・イン・ザ・バケット(ボールを打つ際、投手寄りの足をまっすぐ前に出すのではなく、三塁側に踏み出すこと。アウトステップ)になっていたからだ。
ただ、非常に振りが鋭くボールをしっかり芯でとらえていたため、ミスが少なかった。
日本流の野球をマスターしていたといえる。

だが、この打法だとメジャーの速い球には苦労する。アウトステップを見越して、相手投手はビーンボールや外角に逃げるスライダーを駆使するだろう。
それでも落合は偉大な打者だから、メジャーに挑戦した場合でもそれなりのアジャストをしてみせただろうか。

ではビデオを含めて、私が見た日本人打者の歴代トップ10は誰か?

ナンバーワンは王貞治だ。私が巨人入りしたときは、すでに監督だったが、打撃練習で鋭い当たりを飛ばしているのを目撃し、心底驚いた記憶がある。

以下、(2)イチロー(3)松井秀喜(4)掛布(5)吉村(6)篠塚(7)真弓(8)衣笠(9)原(10)大豊の順になる。この10人はメジャーでプレーできる。
足を高く上げる、王の『フラミンゴ打法』はメジャーでは苦労するとの声もあるが、そもそも一本足打法はヒッチ(スイングの直前にグリップをぐっと引き上げる、
もしくは後ろに引くこと)を矯正し、変化球を打てるようにするために編み出された打法だという。剛速球や内角攻めに十分対処できる。ちなみに、王は『スポーツイラストレーテッド』誌の表紙を飾った最初の日本人でもある。

城島健司は長打力のある大型捕手としてマリナーズ入りしたが、メジャーの投手の球を受ける際、日本の捕手特有のニブル(ボール球を過剰に要求すること)で投手陣に嫌われた。

メジャーの投手は2球で2ストライクと追い込んだら、3球三振を狙う。城島はフルカウントまで球数をかけてから打ち取ろうとした。ここからトラブルが起きた。
城島がもっと投手陣とコミュニケーションをとっていれば、結果は違っていたかもしれない。
最後は捕手・城島相手に先発したいという投手がいなくなり、契約満了前にチームを去った。

海を渡って結果を出すのは本当に至難の業だ。
メジャーの剛速球だけでなく、ふるさとから遠く離れての暮らし、自分が外国人である環境に慣れることなど、克服すべきことは山ほどある。(構成ロバート・ホワイティング)

■ウォーレン・クロマティ(Warren Cromartie) 1953年9月29日生まれ。米フロリダ州マイアミビーチ出身。大リーグのモントリオール・エクスポズから83年オフに巨人入団。
89年に打率.378で首位打者とMVPに輝き、7年間在籍した巨人で球団史上最強の助っ人といわれる。外野席のファンに「バンザイ」を促すパフォーマンスでも有名。左投左打。
現在はモントリオールにMLBのチームを呼び戻す運動のリーダー。2年前から東京在住。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000016-ykf-spo
1/18(金) 16:56配信

https://www.youtube.com/watch?v=mbWUs_9-fyI
レオの大砲! ★秋山幸二 ホームラン集

秋山幸二★2本塁打にサヨナラ打の大活躍
https://www.youtube.com/watch?v=1UqJjOAvAvg&t=2s

続きを読む

↑このページのトップヘ