リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: テレビ

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/08/25(日) 17:43:16.71 ID:NmIEagMK9

https://i1.wp.com/image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/3/c3f53_1585_c58328d91ffb52babf6237c79fc34d0f.jpg
テレビ朝日系列で毎週月曜よる11時20分より(一部地域を除く)放送している『かみひとえ』の未公開映像がAbemaTVで配信され、“元ネオヒルズ族”の個人投資家・与沢翼がお金を稼ぐ理由を明かした。

2013年頃、秒速で1億円稼ぐ男として話題になった与沢翼。その後、会社の倒産や破綻を経験。地獄の日々を乗り越えた今では海外に移住し、個人投資家としてお金を稼いでいるという。

今の純資産を聞かれると「75億円くらい。借金はない」と明かす与沢。与沢はなぜそこまでして大金を稼ぐ必要があるのだろうか。与沢は「稼ぐことは、空気を吸うのと同じぐらい当たり前。
あまり考えたことがない」と前置きし、「なんで頑張るのって、よくコンプレックスからきてるっていう話あるじゃないですか? ああいうコンプレックスに近いものなのかな。
お金に対する恐怖ですね。お金持ちになりたいというよりは『貧しくなりたくない』って気持ちが強い」と真剣な表情で語る。

https://i1.wp.com/image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/1/418d3_1585_0c8e67735bf8f9b67e86b73fcf77cbf8.jpg

「逆にいうと、みんなえらいなぁって思います。あんな安月給で、コツコツコツコツ、60歳とか70歳までよく働けるなぁって思う。すごくみんな真面目なんだなぁ、勤勉なんだなぁって。
僕はかったるいので、最低でも30代で仕事しなきゃいけない期間は終わらせようって思った。みんなの方が、普通の人の方が、真面目でえらい。僕は面倒くさがり屋だと思っています」

与沢の言う“コンプレックスに近いもの”は、一体どこから発生したのだろうか。幼少期の経済状況について聞くと、与沢は「(貧困の経験は)まったくないです。
祖父母が旅館を経営していて、ものすごい裕福だったんですよ。実は小学6年生まで、僕は祖父母に育てられていて。
秩父っていうド田舎で、自然があって1学年1クラスしかない。そこから中学に上がって両親と生活するようになった」と話した。
裕福な生活なのに、なぜ“お金に対する恐怖心”が芽生えたのだろうか。

「お金があったからです、逆に。あったから、この生活がなくなっちゃうのが怖かった。祖父母が高齢になってきたのもあるんですけど、
時代についてこれなくなって、毎年客数が減ったり、売上が減っていた。すごい恐怖感があったんですよ。だから商売って怖いなっていうのをずっと見ていて。
お金っていつなくなるのかわからない。おじいちゃんがそういう話を僕にすごいしてきたんですよ。『翼、勝って兜の緒を締めよだぞ』って。
『いいときほど、兜の緒を締めないと切られるぞ』と。その話を何千回聞いたかわからないぐらい聞かされた」

https://i1.wp.com/image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/0/a03bd_1585_63ca947aa4bfe9d7be0239d2a39e182b.jpg

お金さえあれば何でもできるというのが与沢の価値観なのだろうか。与沢は「それは、本にも書いたぐらいです。
全ての前提にはお金というものが、幸福の土台にあると。当たり前すぎて、言うまでもないかなと思っている」と断言した。

与沢は世の中の人の仕事観、金銭観についてこう疑問を投げかける。

2019年8月25日 16時0分 AbemaTIMES
https://news.livedoor.com/article/detail/16979590/

続きを読む

1 :鉄チーズ烏 ★:2019/08/24(土) 23:30:01.77 ID:YqUlUjqg9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/uKlYPXt.jpg  ビートたけし(72)が24日、キャスターを務めるTBS「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・00)に生出演。茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件について言及した。

 番組では、一連のあおり運転の騒動を特集。脳研究者で東京大学薬学部教授の池谷裕二氏は「劣等感が強かったり、自己評価が低い人は後ろに車がつくと“これはもしかすると、あおられているかも”と感じやすい。それ感じること自体はまだしも、勝ち負けにこだわる人や他人を批判しやすい人はトラブルに発展しやすい」とコメント。

 たけしは自動車だけでなく「空港で飛行機に乗るのが遠いゲートまで行くのに『動く歩道』があるけど、動く歩道であおる人がいる。カバンとかあると蹴飛ばしていく人がいて」と語った。

 安住紳一郎アナ(46)が「ここはやっぱり、たけしさんが推奨するように道徳の授業を激しくやるのがね、必要かもしれません」と話しかけると、たけしは「本当だよ」と反応した。


2019年08月24日 22:49芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/24/kiji/20190824s00041000449000c.html

続きを読む

1 :鉄チーズ烏 ★:2019/08/24(土) 06:31:47.36 ID:YqUlUjqg9

https://i1.wp.com/img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/08/13bf57bb059561d46b823c37e778c674.jpg  23日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」に、同局の新社長・遠藤龍之介氏(63)が出演。ダウンタウンの浜田雅功(56)と松本人志(55)、坂上忍(52)、山崎夕貴アナウンサー(32)から質問攻めに遭った。

 遠藤社長は人気企画「本音でハシゴ酒」に登場。坂上は「父は芥川賞作家の遠藤周作さんです」と紹介し「要するに社長さんも2世。フジテレビってコネ入社が多いんですか?」とぶつけた。「そんなこと、あるわけないじゃないですか」と笑いながら返すと山崎アナは「え?」。坂上から、社員としての意見を求められた山崎アナは「半分くらいコネ入社ですよね」と発言。遠藤社長は「何を言うんだキミは」と笑いながら否定した。

「視聴者(引いた紙が白紙の場合は出演者)からの質問にNGなしで絶対に答えなくてはいけない」という企画にあたって、遠藤社長は「全ての質問に答えないといけない」と宣言。松本は「何を聞いてもいいんですか?ひっくり返せませんよ!」と吉本騒動の会見で世間をにぎわせたコメントを使って笑いを取った。

 山崎アナは「上の世代のお給料がうらやましいんですけど。若手どうにかなりませんか」と待遇改善を訴えた。「そんなに上(の世代)ももらってないですよ」と答える遠藤社長に、山崎アナは「ウソばっか!」と不満顔。「フジテレビの全盛期から比べると30%くらい下がっています」の説明にも納得できず「社長は年俸、おいくらなんですか」と追及。浜田が「なんで、そんなこと言わなあかんねん」と突っ込むほど。松本の「社長の年俸も下がっているんですか」に、遠藤社長は「下がってます」と認めた。それでも山崎アナは納得できず「とはいえ…おいくらなんですか?」と詰め寄ると、松本らは「やめとけ、やめとけ」とストップをかけた。遠藤社長は「皆さんに比べたら子供みたいな額ですよ」と話をまとめた。

 山崎アナの暴走質問は止まらない。「女性アナウンサーは社長の存在が気になる、気に入られたいって思っている女性アナウンサーは多いんですよ」と前置きして「女として、好みのアナウンサー」を聞いた。遠藤社長は「皆さんが私に見せてくれるのはかりそめの顔じゃないですか。本当のところは分からない」と“模範解答”。山崎アナが再び「とはいえ…」を口にすると松本らは大笑い。遠藤社長によれば山崎アナの好感度は高く「ベスト3に入る」と評価した。


2019年08月24日 00時55分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1522479/

続きを読む

1 :湛然 ★:2019/08/24(土) 05:06:37.20 ID:4toZkDOS9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/pKmmCfs.jpg 「夏目雅子の姪」朝ドラ女優の今 31歳シングルマザー、借金返済のためキャバクラ週3勤務
[ 2019年8月23日 20:38 ]

時代劇「八丁堀の七人」で共演した片岡鶴太郎(左)と楯真由子(02年撮影)Photo By スポニチ
https://i1.wp.com/www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/23/jpeg/20190823s00041000351000p_view.jpg
夏目雅子さんPhoto by スポニチ
https://i1.wp.com/www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/23/jpeg/20190823s00041000354000p_view.jpg


 1985年に急性骨髄性白血病のため27歳の若さで亡くなった女優の夏目雅子さんの姪(めい)で、女優として活動していた楯(たて)真由子(31)が23日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。波乱万丈な人生を語った。

 88年に雅子さんの兄・一雄さんと母・量子さんの間に生まれた楯。3歳の時に両親が離婚。楯は母とともに実家のある北海道富良野へ引っ越した。楯は小学3年生の学芸会がきっかけで「女優になりたい」と目標を見つける。娘の思いを知った母・量子さんが、雅子さんの母で楯の祖母であるスエさんに芸能界入りを直談判。祖母の手助けで芸能事務所入りがかなったが「夏目さんの七光り」という天国と地獄を味わうことになる。

 NHKの連続テレビ小説「あぐり」(97年放送)で主人公・田中美里の娘役に起用されるという恵まれた芸能界デビュー。「夏目雅子の姪」とメディアに取り上げられ、次第に注目を集めるようになった。だが、高校に入ると待っていたのは非情なバッシング。雅子さんと比較されるようになり、陰口として聞こえてくるのは見劣りする自分の容姿だった。ネット掲示板には「おばさんはキレイだけどブサイク」と心無い書き込みが。楯は「凄くショックでした。叔母はキレイなのにアイツはブサイク。劣化だって言われて傷つきました」と当時の苦しい思いを吐露した。

 演技の現場では「夏目雅子さんに芝居を寄せてくれ」というオーダーも。「叔母である夏目雅子という存在そのものが私を縛ってきたなと…」と振り返るほど、追い詰められた楯は22歳で芸能活動を引退。1年以上の引きこもり生活を送り、その後23歳で結婚。離婚を経てシングルマザーとなった。

 現在は母と7歳の息子と3人で暮らすが、生活は厳しく、子育てするために「200万円くらいに減ったんですが」と借金をしていると告白。キャバクラで週3回出勤し、月15万円を稼ぎ、残りはボイストレーニングの先生として生計を立てているという。

 そんな楯の現状を知った片岡鶴太郎(64)が番組にサプライズ出演。ドラマ時代劇「八丁堀の七人」で共演し、楯が“父”と慕う片岡は温かくも厳しいエールを送った。「夏目雅子の姪」という言葉に縛られ、いろいろ諦めてしまったという楯に対して「全てを人のせいにしている。そんなものは関係ないよ!人に何と言われようと“自分はこうしたい”という気持ちを持たないと。自分の人生が見えなくなるよ。人なんかどうでもいいの」とアドバイス。楯は涙を流しながら鶴太郎のエールに「勇気になります」と感謝していた。

(おわり)
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/23/kiji/20190823s00041000353000c.html

続きを読む

↑このページのトップヘ