リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: サッカー

1 :Egg ★:2018/08/19(日) 07:17:38.02 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/amd/20180819-00815236-soccerk-000-2-view.jpg シント・トロイデンに所属する日本代表MF遠藤航が、18日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第4節のワースラント・ベフェレン戦で今シーズン2点目を記録した。

 遠藤は2試合連続の先発出場で、1点ビハインドの32分に同点ゴールを挙げた。5日の第2節ヘンク戦では、途中出場の2分後に初ゴールを挙げて鮮烈デビューを飾ったばかり。2試合ぶりに2ゴール目を記録した。

 試合は2−2で終了し、シント・トロイデンは開幕から4試合連続のドローとなった。なお、遠藤は2試合連続のフル出場で、DF冨安健洋も4試合連続のフル出場。MF関根貴大は2試合連続でベンチ入りしたが、出番はなかった。

8/19(日) 4:41配信 サッカーキング

写真
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00815236-soccerk-socc

続きを読む

1 :動物園φ ★:2018/08/19(日) 10:13:11.62 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/6TvHULT.jpg 2018年8月18日 6時20分
Football ZONE web

第2戦でマレーシアに1-2敗戦、韓国代表監督「私の判断ミスだった」と自責

 サッカーの韓国代表は17日、インドネシアで開催されているアジア大会のグループリーグ第2戦マレーシア戦で1-2と敗戦。

 チームを率いるキム・ハクボム監督は試合後、「応援してくれた国民に申し訳ない」と謝罪している。韓国スポーツ紙「MKスポーツ」が伝えた。

 23歳以下のメンバー編成をベースに、A代表のエースであるトットナムFWソン・フンミン、J1ガンバ大阪FWファン・ウィジョ、大邱FC のGKチョ・ヒョヌをオーバーエイジ枠で招集するなど、大会連覇に本腰の韓国だったが、格下マレーシアに足をすくわれた

 第1戦バーレーン戦で6-0と快勝した韓国は、マレーシア戦で先発6人を変更。ところが開始5分に先制点を献上すると、前半終了間際にも被弾。後半12分にエースFWソン・フンミンを起用するも攻めあぐね、終了間際にファン・ウィジョが1点返すも1-2で敗れた。

 試合後、キム・ハクボム監督は「今日はあり得ないことが起きた。私の判断ミスだった」と認めつつ、「猛暑のなか応援してくれた国民に申し訳ない。再びこのようなことが起こらないように反省して必ず報いる」と謝罪している。

 指揮官は敗因として「簡単にボールを奪われ、相手は私たちの裏のスペースを活用した」と指摘。さらに「あまりにも近い距離でパスをしたので、相手は私たちを視野に入れながら試合ができた」と分析を加えている。もっとも、キム・ハクボム監督は「選手たちよりも監督に問題がある」と自分の非を認めて、選手たちを擁護した。

 現在グループ2位につける韓国。20日に第3戦では、ここまで1分1敗のキルギスと戦う。仮に敗れればグループリーグ敗退となるなか、全力で勝利をつかみにいくことになりそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15174677/

続きを読む

1 :Egg ★:2018/08/18(土) 04:33:58.64 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/amd/20180818-00000000-spnannex-000-3-view.jpg ベルギー1部ヘントのFW久保裕也(24)がドイツ1部ニュルンベルクに電撃移籍することが17日、分かった。1年間の期限付き移籍で、この日までにクラブ間合意。メディカルチェックを経て正式サインとなる。

 複数の関係者によるとオファーが届いたのは今月中旬。当初、久保はベルギーで1年間を全うする気持ちで新シーズンに臨んでいたが、5季ぶりの1部復帰を果たしたニュルンベルクの熱意に翻意。新たな環境に挑戦する決意を固めたようだ。

 18年W杯ロシア大会は直前に落選したものの、所属クラブでは3シーズン連続の2桁得点をマーク。16〜17年シーズンは、欧州1部リーグ日本人最多公式戦23得点を挙げた。6月には生涯の伴侶も得て私生活も充実。長谷部や清武らが活躍したクラブで結果を残し、22年W杯カタール大会ではエースの座をつかむ。

 ▽ニュルンベルク 1900年創立。本拠地はドイツ南部のバイエルン州ニュルンベルク。リーグ優勝9回、ドイツ杯優勝4回を誇る古豪だが、最後のリーグ制覇となった67〜68年以降は低迷し1部と2部を往復している。昨季は2部2位となり5季ぶりに1部復帰。12〜14年にMF清武弘嗣、13〜14年にMF長谷部誠、13年にFW金崎夢生が所属。ホームスタジアムはマックス・モーロック・シュタディオン(4万9923人収容)。

8/18(土) 4:00配信 スポニチ

写真
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000000-spnannex-socc

続きを読む

1 :豆次郎 ★:2018/08/18(土) 04:43:51.60 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/amd/20180818-00814674-soccerk-000-1-view.jpg 8/18(土) 4:32配信
3発快勝のヤングなでしこ、強豪ドイツを破りU20W杯準決勝進出!
 2018 FIFA U−20女子ワールドカップ フランスの準々決勝が17日に行われ、U−20女子日本代表(ヤングなでしこ)がU−20女子ドイツ代表を3−1で下した。

 ヤングなでしこは、立ち上がりから主導権争いを制してボールを保持することには成功するが、シュートまではなかなか持っていくことができない。

 37分には、CKのこぼれ球から遠藤純が前線にロングパスを送り、宝田沙織が頭で合わせるも、これは惜しくも枠を外れてしまう。前半終了間際には遠藤を起点に立て続けにチャンスを作るが、最後を合わせることができない。ヤングなでしこは、ドイツに決定機を作らせず、試合を支配し続けたものの、スコアレスで前半を折り返した。

 後半に入り、ついに試合が動く。59分、宮澤ひなたのサイドチェンジから遠藤がペナルティエリア内に侵入し、切り返してディフェンスをかわすと、最後は右足で流し込み、ヤングなでしこが待望の先制点を挙げた。

 さらに70分には、宝田のスルーパスから裏に抜け出した植木理子のゴールで追加点を挙げると、73分にも北村菜々美のクロスから宝田が押し込み、ヤングなでしこがリードを3点に広げた。

 終盤、ドイツに1点を返されたものの、リードを守り切り3−1で勝利。2大会連続で準決勝進出を果たした。次戦は20日、U−20女子イングランド代表と対戦する。

【スコア】
U−20女子日本代表 3−1 U−20女子ドイツ代表

【得点者】
U−20女子日本代表:遠藤純(59分)、植木理子(70分)、宝田沙織(73分)
U−20女子ドイツ代表:ミンゲ(82分)

【スターティングメンバー】
U−20女子日本代表(4ー4ー2)
スタンボー華;南萌華、高橋はな、宮川麻都、北村菜々美;林穂之香、宮澤ひなた(90+3分 高平美憂)、長野風花、遠藤純;宝田沙織(85分 児野楓香)、植木理子(78分 村岡真実)

U−20女子ドイツ代表(4ー4ー2)
フィッシャー;クラインヘルネ、パヴォレク、ヘヒラー、ニスケン(66分 ザンダース);ミンゲ、グウィン、フェルドカンプ、オーバードルフ(85分 グラフ);フライガング(78分 リーケ)、ブール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00814674-soccerk-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ