リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

カテゴリ: 芸能

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/10/14(月) 13:17:27.27 ID:2bAw0y1V9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/8lgJlGU.jpg 9月28日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、大ブレイクを果たした女優の清原果耶。広瀬すずの演じたヒロインの妹役として7月1日の放送から出演し、劇中で初めて出演が明かされたことでも話題になった。

その清原は17歳というフレッシュさに加え、「シュポン!」の声が印象的なオロナミンCのテレビCMで見せる類まれなる透明感も魅力で、主演の広瀬を食うほどの存在感を見せていたもの。放送終了後にはファンから〈果耶ちゃんを出してくれてありがとう〉とNHKに感謝する声すら飛び出していたほどだ。ところがそんな清原が、一部視聴者から不評だったというのである。

「『なつぞら』ではヒロインと生き別れた妹という陰のある役柄を演じた清原。その役柄ゆえに漂う陰気な雰囲気が不評の原因となったようです。朝ドラの主たる視聴者は50代以上の主婦層で、朝ドラには分かりやすいスカッとした展開が期待されています。そのため清原が醸し出す雰囲気に《朝から陰気臭い顔は見たくない》と声が挙がっていました」(芸能ライター)

そんなネガティブな声もありつつ、NHKでは清原の演技力に高い評価を与えている。15年度後期の朝ドラ「あさが来た」でレギュラー出演者に起用したのを手始めに、18年7月期の「透明なゆりかご」ではドラマ初主演に抜てき。そして「なつぞら」ではサプライズ出演と、明らかな厚遇ぶりなのだ。

「この調子ではいずれ、朝ドラのヒロインに抜てきされる可能性も十分にありそう。それゆえNHKとしては、メイン視聴者層からの思わぬ反応に驚いていることでしょう。ただ、朝ドラは国民的人気を得る大きなチャンスではあるものの、清原自身は朝ドラに固執するつもりはなさそう。所属事務所のアミューズはNHKと昵懇との噂ですし、むしろ大河ドラマへの起用もあるかもしれません」(前出・芸能ライター)

いずれにせよ清原の前途が明るいことは確実なようだ。

2019.10.14 10:15 アサジョ
http://dailynewsonline.jp/article/2039040/

続きを読む

1 :フォーエバー ★:2019/10/13(日) 16:48:08.35 ID:3WlUz4ro9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/D8K6fIl.jpg 女優のともさかりえさんが10月12日、40歳の誕生日を迎えたことをInstagramで報告。台風が関東を直撃したタイミングだったことから「新しい年は嵐と共に不惑でございます」としみじみとつづっています。

 「様々な後悔に苛まれ続けた30代」と振り返り、「40代は素直に楽しんでゆきたいです」と前向きにコメントしたともさかさん。連載開始に先駆けて掲載されたWebマガジン「mi-mollet」のインタビューでは、30代は想像以上にヘビーな10年で、この3〜4年でようやく力が抜けてきたとコメント。ブレイクのきっかけとなったドラマ「金田一少年の事件簿」(日テレ系)の堤幸彦監督と再び仕事をした際には、当時の撮影で大変だった思い出の数々を笑えるようになったことも明かしていました。

 バースデー当日は台風直撃となったため、「忘れられない誕生日です」「ひどくならないことを祈ります みなさま守られていますように」とファンを心配する言葉も。またInstagramストーリーズでは、誕生日ケーキを手作りしたことも報告しています。

 「金田一少年の事件簿」で、主人公の金田一一(堂本剛さん)の幼馴染である七瀬美雪役を演じてから24年。ファンからは「りえちゃんが40代だなんてー」と驚く声や、「どんどん綺麗になっていい感じになって素敵な40代になるに違いない!!」と祝福する声が。また、「金田一の頃からりえちゃんの演技が好きだよ」と長年応援しているファンからの声も届いていました。

10/13(日) 16:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00000024-it_nlab-ent

続きを読む

1 ::2019/10/13(Sun) 16:15:08 ID:Ii2UPKdU9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/m1rczHW.jpg  デビュー20周年を迎えた氷川きよし(42才)が、新境地を開拓している。今夏、アニメソング(通称アニソン)の祭典『アニメロサマーライブ2019』に出演した氷川は、
シースルーの衣装で登場し、頭を上下に激しく振りながらアニソンをロック調に熱唱。観客を沸かせた。公演後は取材陣に対応し、「ズンドコの氷川とのギャップで
注目してくださっている!」と胸を張った。

 イメチェンは、目下開催中の全国ツアーでも見られている。

 10月3日の静岡公演。この夜も、演歌だけにとどまらず、アニメ『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』を、紫のアイシャドーがばっちりの
ビジュアル系メイクで、ハードロックに熱唱。まるで若手ロックアーティストのようなライブを見せた。

 さらなるギャップはライブ後に待っていた。氷川は鮮やかな黄色のワイシャツとデニム、黄色が蛍光に輝くスニーカーという服装で、颯爽と静岡の夜の街に繰り出した。 
スタッフとみられる中年女性、外国人男性、若い日本人男性の3人と、静岡おでんや海の幸が堪能できる炉端焼き店に入った。

「氷川さんは派手ないで立ちだったもんだから、私も含めて店内の多くの客がすぐに気づいちゃいました。顔を指されても笑顔で返す気さくなかたでした。
4人は個室に入って、たくさんのお酒を注文していましたね。漏れ聞こえる会話は英語。氷川さんは、“SEXY(セクシー)”という単語を連発していました。
どうやら“もっとセクシーになりたいけどどうしたらいい?”ということを言って、同席していた外国人男性に意見を求めていたようです」(居合わせた客)

 不惑を超え、昨年には本厄も終えて、自分のやりたいこと、目指すことに遠慮がなくなったという氷川。

 9月23日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演すると、中性的なメイクを施し、自らを「あたし」と言い、スタジオ内を笑いに包んだ。
「若いかたがたからは『覚醒した』とか言っていただけるようになって、うれしいです。演歌もロックも、アニソンもシャンソンもなんでも歌っていきたい。
振り幅を大きく、自分を生きてきたい」と話していた。

※女性セブン2019年10月24日号 全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00000010-pseven-ent&p=1
炉端焼き店の客たちは氷川の美貌を前に体が固まったという
https://i1.wp.com/news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_04.jpg
https://i1.wp.com/news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_05.jpg
https://i1.wp.com/www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_07.jpg
炉端焼きを堪能した氷川
https://i1.wp.com/news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_06.jpg
白Tシャツ姿で抜群の“SEXY”を見せていた
https://i1.wp.com/news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_02.jpg
https://i1.wp.com/news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_03.jpg
外国人と会話していたという
https://i1.wp.com/www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_09.jpg
https://i1.wp.com/www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/hikawa_kiyoshi_08.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00000010-pseven-ent&p=2

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/10/14(月) 02:25:25.81 ID:2bAw0y1V9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/fVZLKmJ.png お笑いトリオ、ダチョウ倶楽部の寺門ジモン(56)が13日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」(日曜後1・59)に出演。
自身のグルメに関する逸話を語るとともに、彼女を泣かせてしまったエピソードも明かした。

食通で知られ「グルメバカ」とも称されるジモンは、「グルメにウソはつけない」がモットー。
忖度知らずのガチンコリポートで、番組のスポンサーも「関係ない」と豪語したジモンは、「最近、もうテレビレポーターとして呼ばれない。美味しくないって言っちゃうから」と告白。
「リポーターの仕事が減ってきたんですけど、どうだっていい。嘘をつくことで、おいしいよとか言って、違う人が行ったら『あれ普通』っていうのが嫌なの」と熱く語った。
同席したグルメリポーターの彦摩呂(53)が「僕のことディスってません?」と焦るほどの勢いだった。

小学生のころからお年玉を用い、一人で東京・銀座のすし店に来店していたこと、今でも毎年11月は完全オフで、イタリアに白トリュフを探しに訪れることも話したジモン。
あまりの「グルメバカ」ぶりに、ダチョウの肥後克広(57)、上島竜兵(58)から「いない方がやりやすい」と評される再現VTRも流された。

番組終盤には、彼女がカレーを作ってくれた際の出来事を回想。
「にんじんを切ったり、たまねぎを炒めたりする間が違うって感じるわけよ、音でわかるから」と振り返り、
「その念が伝わったんだろうね。ポタッ、ポタッって音がするから見たら、泣いていたの、作りながら。
『あなたの気が私の手を止める』って」。凍り付くスタジオの雰囲気を察し、司会の東野幸治(52)が「こいつ最低でしょ、男として」
と口を開いたが、ジモンは「だから、自分で作ってあげるって言うの」と笑っていた

2019年10月13日 20時31分 スポニチアネックス
https://news.livedoor.com/article/detail/17228099/

続きを読む

↑このページのトップヘ