リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

2020年09月

1 :鉄チーズ烏 ★:2020/09/30(水) 20:30:54.05 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/img.jisin.jp/uploads/2020/09/yamada_takayuki_1_line_tw.jpg 投稿日:2020/09/30 11:00 更新日:2020/09/30 11:00

「山田さんは3年前から俳優や監督を守るために奔走してきました。その思いが来年、とうとう形になるそうです……」(芸能プロダクション関係者)

9月16日、メジャーとインディーズが融合した映画を作り上げる「MIRRORLIAR FILMS」プロジェクトの発起人として会見に登壇した山田孝之(36)。

実はそんな彼が今、俳優や監督のためのユニオン結成をくわだてているという。

「日本で映画を製作すると、売り上げの30〜40%は映画配給会社のもとに入ります。俳優の場合は固定ギャラですが、短い拘束期間に対してギャラが高額なケースも少なくありません。

いっぽうで監督は長期にわたって製作に関わることがほとんど。にもかかわらず、ギャラが固定給で安いということも多々あるそうです。山田さんは『これでは監督に夢がないよ』と憂いていました」(映画関係者)

そんな山田が“開眼”するキッカケとなったのが、昨年8月からNetflixで配信されたドラマ『全裸監督』だ。

「NetflixやAmazonプライム・ビデオなど、有料動画サービスの利用者は急増中。さらに各動画サービスの会社がオリジナルの映画を製作し、放映合戦を繰り広げています。そうした作品だと映画配給会社を通さないので、単発でも高額のギャラや印税が監督らに支払われるのです。

『全裸監督』で主演を務め、そう感じた山田さんは有料動画サービスの会社に急接近。タッグを組むなどして、ユニオンを強固なものにしようとしています。『将来は俺が、監督を守る会社作るんだ!』と意気込んでいました」(前出・芸能プロダクション関係者)

映画への熱すぎる思いから、裏方志向を強める山田。その革命は早くも広がりを見せ始めていた。

「山田さんは’21年に初監督作品『ゾッキ』の公開が予定されており、公開が落ち着いたタイミングで、まずユニオンを結成すると聞きました。しかも、すでに親交のある小栗旬さん(37)らとも話を進めているそうですよ」(前出・芸能プロダクション関係者)

果たして、新たな時代の幕開けとなるのだろうか。

「女性自身」2020年10月13日号 掲載
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1898554/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :爆笑ゴリラ ★:2020/09/30(水) 20:46:46.58 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202009300000905-w1300_0.jpg 9/30(水) 20:18
東スポWeb

伊勢谷友介被告もギョッ!��ペットボトル男�≠ェ乱入、強制連行される
突然の��訪問者�≠ノ驚く伊勢谷被告。男はその後連行された
 大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された俳優・伊勢谷友介被告(44)が30日、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈され、謝罪した。

 8日に逮捕されてから22日。午後7時30分過ぎ、黒スーツに白いシャツ、黒ネクタイの伊勢谷被告は、集まった約200人の報道陣の前で「ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 するとここで前代未聞のハプニングが発生! 迎えの車に乗り込もうとした伊勢谷被告のもとに白のTシャル姿のいかにも怪しい男が接近。同被告に話しかけ、清涼飲料水のペットボトルを突きつ出したのだ。

 伊勢谷被告はギョッ!と目をひんむいて驚いたが、男性に対応することなく迎えの車に乗った。
 
 男性はユーチューバーとみられ、複数の警察官に囲まれ署に��強制連行�≠ウれていった。

 国民の関心も高い伊勢谷被告の保釈を狙った大胆不敵な��犯行�=B数年前には考えられないほど取材現場は年々、荒れてきている。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggYb3Y_Hnj0.ihWPz4S8lYwA---x640-y378-q90-exp3h-pril/amd/20200930-02235957-tospoweb-000-2-view.jpg

https://i1.wp.com/www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202009300000905-w1300_1.jpg
https://i1.wp.com/www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202009300000905-w1300_2.jpg
https://i1.wp.com/www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202009300000905-w1300_3.jpg
https://i1.wp.com/hochi.news/images/2020/09/30/20200930-OHT1I50257-L.jpg

動画
野田草履視点 よりひとが伊勢谷友介にメントスコーラ
https://youtu.be/0Di9RRC2GNg

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd0be1557944b825950cf47a69b341fa655bf97d

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :爆笑ゴリラ ★:2020/09/29(火) 22:15:51.26 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/im_siggZshH2HvVceu4riOKGVus7w---x524-y640-q90-exp3h-pril/amd/20200929-00000221-spnannex-000-3-view.jpg 9/29(火) 21:21
スポニチアネックス

手越祐也 相次ぐ俳優の急死に言及「芸能界が凄く変わった…芸能人である前に一人の人間です」
8月に行われた著書「AVALANCHE」出版会見で「手越村」構想を語っていた手越祐也
 6月にジャニーズ事務所を退所したタレントの手越祐也(32)が29日、自身のYouTubeチャンネル「手越祐也チャンネル」を更新。竹内結子さん(享年40)ら俳優の急死が相次ぐことについて「芸能界が凄く変わった」とコメントした。

 手越は「共演したことがあったりとか、一緒にお仕事をしたことがある方が自ら命を絶つというニュースが入ってくるのは自分自身も凄くショッキングであり、辛いなと思います」と前置きし「人前に立つ人の独特の辛さ、プレッシャーなどたくさんあると思うんですけども…僕がわかることとしては、14歳でデビューして約20年、芸能界が凄く変わった」と持論を展開した。

 「芸能人は人間の鑑ではないと思うんです。あくまでもパフォーマー。もちろん憧れられる存在でないとダメとか、ファンに夢を与える存在というのは大前提であるとして、なんか最近の芸能界は『芸能人たるもの人間の鑑であれ』というのがちょっと強すぎるなっていうのを感じますね」と語り、「芸能人である前に一人の人間なんですよね。人権はあるし感情はあるし悩むことも落ち込むことだってある。スーパーポジティブ手越なんて言ってますけど、僕でさえ落ちることはある」と自身の思いを打ち明けた。

 さらに「神様みたいな人って芸能界だろうが政治家だろうが存在しないと思うんですよ。法律も完璧じゃないし、人間だって完璧じゃない。だったら、みんなが困った人とか過ちを犯した人に手を差し伸べて『一緒にもっと笑顔になるためにパフォーマンスをしようよ』っていう芸能界に変わってほしいと僕は思っています」と今後への期待を込めた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/9c4f602590ab97becbafbe567db72cb04d487a1c

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :鉄チーズ烏 ★:2020/09/30(水) 20:40:09.35 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/www.news-postseven.com/uploads/2020/07/29/oguri_syun_12.jpg 2020.09.30 15:55
https://i1.wp.com/www.news-postseven.com/uploads/2020/09/30/an2.jpg

 ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の最終回は、平均視聴率32.7%(関東地区)と異例の数字を叩き出し幕を閉じた。これは2000年以降の「日曜劇場」枠で歴代4位の快挙だ。そんな中、来秋の「日曜劇場」枠に早くも大作が決まったという。

「日本SFの古典ともいえる伝説の大作『日本沈没』です。主演は小栗旬さん(37才)で、共演者には杏さん(34才)や香川照之さん(54才)など錚々たるキャストが名を連ねています。“半沢に追いつけ追い越せ”とTBSはいまから気合が入っています」(テレビ局関係者)

『日本沈没』は関東大震災から50年目に当たる1973年春、小松左京氏(享年80)によって発表されたSF小説だ。

「急激な地殻変動によって日本列島が沈没するまでを、科学者や政治家の視点で描いたストーリーです。高度経済成長後のオイルショックで混乱する社会で大ヒットし、発売初年だけで380万部以上を売り上げた大ベストセラーです」(映画関係者)

 2006年には草なぎ剛(46才)、柴咲コウ(39才)ら豪華キャスト陣で20億円もの製作費をかけ実写映画化されるなど『日本沈没』は幾度も映像化されてきた名作だ。

「自然災害の多い昨今、改めて注目されていた作品です。ただ、作品の性質上、実写ドラマ化には相当の覚悟が必要です。今回TBSは、満を持してリメイクを決めたのでしょう。来年の目玉作品であることは間違いない」(前出・映画関係者)

 そんな『日本沈没』は、早くも11月から撮影が始まる予定だという。

「放送1年前からクランクインするのは異例中の異例です。2006年の映画では実物の潜水艇を使うなどリアリティーを追求し、興行収入53億円突破の大ヒットでした。前作を超えるべく、徹底的に制作には凝りたいのでしょうね。

 また、小栗さんのスケジュールが相当詰まっているのが理由の1つだと聞いています。小栗さんは山田優さん(36才)ら家族と今年7月にアメリカから緊急帰国していましたが、新型コロナが落ち着いたら日本とアメリカを行き来する生活になり、ますます時間が取れなくなるのではないでしょうか。

 さらに小栗さんは、2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でも主演が決まっていて、大作が続くことになります。どちらも彼の代表作になる可能性があるので、かなり気合が入っているようです」(別のテレビ局関係者)

 1年後、日本は沈没するのだろうか──。

※女性セブン2020年10月15日号
https://www.news-postseven.com/archives/20200930_1600023.html?DETAIL

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ