リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

2020年03月

1 :砂漠のマスカレード ★:2020/03/31(火) 18:59:44.48 ID:V0Fi+lId9

https://i1.wp.com/image.dailynewsonline.jp/media/9/b/9b624688b6470b825247428b047e2da5d6b7d6b3_w=666_h=329_t=r_hs=9bbaca0f4d20d81751c1db76f1422bc1.jpeg
モデルでタレントの藤田ニコル(22)が27日、自身のインスタグラムを更新。投稿内容に反響が集まっている。

藤田といえば先日、1st写真集『好きになるよ?』(講談社)の3度目の重版決定を記念し、自慢のヒップがあらわになった未収録カットを披露。ファンからは「すごく綺麗ですね」と絶賛コメントが寄せられた一方で、一部ネット上では「最近脱いでばっかりだね」という声も上がった。

そんな藤田はこの日、「写真集初公開ショットムービー お家にいる事が増えちゃうけど私の写真集是非持ってる方はまた見直してみては?まだゲットできてない人もネットで買ってみてね」とつづり、大自然の中でお尻を突き出したようなセクシーポーズを取っている動画を公開。さらに、お尻が丸見えになっていることから「パンツを履いていないのでは?」と話題に。

この投稿に対し、インスタグラム上には「いいね200回くらい押したい」「ずっと見とられるエロさ 可愛い」などのコメントが寄せられたが、その一方で「にこちゃんさすがに出しすぎだよぉ」「私はちょっと悲しい」「グラビアみたいなことはやらないで欲しい」という声も上がっている。

これまでファッションモデルやタレントとして活躍し、同世代の女性から支持を集めてきた藤田。昨今のあまりの露出具合に困惑しているファンも多いようだ。

2020.03.31 18:45 デイリーニュースオンライン
http://dailynewsonline.jp/article/2266989/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :砂漠のマスカレード ★:2020/03/31(火) 17:37:06 ID:XB8gmZNG9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/4wP2AWj.jpg 「これで阪神は重い腰を上げるかもしれません」 セ球団の編成担当がこう言った。新型コロナウイルスに感染し、現在入院中の阪神・藤浪晋太郎(25)のトレードについてである。

 藤浪ら阪神3選手の感染で、プロ野球界には影響が拡大している。30日、セ・パ両リーグは、現在無観客で行われている二軍の練習試合を31日から1週間、休止することを発表。騒動の発端になった阪神は当初4月1日までとしていた練習休止期間を当面の間、延長することを決定し、ソフトバンクも31日から一、二軍の活動を一時休止することになった。感染した阪神・伊藤隼が遠征した中日二軍のナゴヤ球場では連日、消毒作業が行われている。

 そんな中、球界ではコロナ騒動をきっかけに、藤浪のトレード話が再浮上するとの見方が広がっている。冒頭の編成担当が続ける。

「藤浪はコロナ感染が拡大する中で合コンに参加した批判は避けられない。選手の外出を制限しなかった阪神の管理責任も問われて当然です。その一方で藤浪は近年、極度の制球難による不振が続き、復活の兆しすら見えない。首脳陣も藤浪再生に苦慮していて、矢野監督は今季、藤浪を一軍戦力として計算には入れられないと考えていると聞いている。もともと他球団関係者の間には、藤浪は環境を変えた方がいいという声が多かった。阪神は昔から、江夏豊をはじめ、いわゆる『問題児』と判断した選手を他球団へ放出する傾向がある。コロナ禍のほとぼりが冷めたら、これまでかたくなに拒み続けてきた藤浪のトレードを前向きに検討するかもしれません」

■楽天が獲得打診

 藤浪を巡っては昨年、複数球団がトレードを打診していたことが明らかになった。某パ球団の関係者が言う。

「阪神は2012年のドラフトで4球団競合の末に1位で獲得した。大阪桐蔭高時代にエースとして12年春夏の甲子園連覇に貢献したスター選手として人気、話題性は高い。そんな選手をトレードで放出し、移籍先で活躍されたら自分たちの立場がなくなるため、全く乗り気ではなかった。ただ、他球団の藤浪人気は相変わらずで、騒動が起こる前に楽天が水面下でトレードを打診した、との話も聞いている。阪神が決断すれば、多くの球団が手を挙げる。シーズン中のトレードとなれば、同一リーグのセ球団ではなく、パ球団になるでしょう」

■今の環境では再生負荷

 たとえば中田翔や清宮幸太郎、斎藤佑樹、吉田輝星ら甲子園のスター選手を多く抱えている日本ハムは、巨人で芽が出なかったドラ1の大田泰示が覚醒したように、他球団で開花しなかった才能を生かす手腕に自信を持っており、かねて関心を示しているという。

 リーグ2連覇中の西武にしても、リーグ屈指の強力打線を擁する一方で、昨季のチーム防御率はリーグワーストの4・35。投手力強化は不可欠で、喉から手が出るほど欲しいに違いない。正捕手は高校の後輩・森が務める。阪神OBは、「藤浪は阪神にいてもプラスにならない」と、こう続ける。

「入団から3年連続で2ケタ勝利をマークした選手にもかかわらず、再生する兆しが見えない。昨秋と今春のキャンプでライバル球団の中日のOBである山本昌氏をわざわざ臨時コーチに招いて、手を借りるくらいですから。18年に西武へトレードした榎田のように、阪神でくすぶっていた選手が新天地で活躍するケースが少なくないのは、阪神では本来の実力が発揮できないタイプがいるということでしょう。コロナ騒動を巡る球団の対応にも問題がある。合コンに参加した人数を慌てて『12人』から『13人以上』に訂正するなど、積極的に事実を明らかにする意思がないように思える。育成力、指導力のなさはもちろん、危機管理能力に欠け、選手をチヤホヤして甘やかすだけの阪神にいても、先が見えません」

 別の阪神OBは「藤浪はこれまで、本拠地の甲子園球場で、一部ファンの心ないヤジに苦慮してきた。今回の一件によって、これまで以上にひどいヤジが飛びかねない」とも指摘する。

 幸か不幸か、今回のコロナ騒動をきっかけにトレードが実現すれば、藤浪にとって大いにプラスになりそうだが……。

3/31(火) 15:00 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000024-nkgendai-base

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :砂漠のマスカレード ★:2020/03/31(火) 20:11:13 ID:V0Fi+lId9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Ruuq9e4.jpg 3月27日、プロ野球『ファミスタ』(バンダイナムコ)シリーズの公式ツイッターが、Nintendo Switch版『プロ野球ファミスタ2020』を2020年内に発売することを発表。令和初となる『ファミスタ』最新作の話題は、ネット上でも反響を呼んでいます。

この『ファミスタ』とは、もともとは1986年にファミコン版で発売された元祖『ファミリースタジアム』の略称だったもので、アラフォー世代なら「ファミスタといえばファミコン版」を思い出す人は多いはず。

そこで今回は「スーパーファミスタ」でも「ワースタ」でも、ましてやゲームギア版の「ギアスタ」でもない、ファミコン時代の『ファミスタ』をあらためて振り返ってみたいと思います。

■選手、個人個人に能力がある画期的な野球ゲーム!
『ファミスタ』以前のファミコンの野球ゲームといえば、任天堂の『ベースボール』くらいしかありませんでした。
この『ベースボール』には2P対戦モードが用意されていたものの、チームはセ・リーグをモデルにした6球団のみ。それも選手の能力などは全キャラ均一だったため、当時の野球少年たちにはやや不満の残る内容でした。

そんな中、彗星のごとく現れたのが86年発売の『ファミスタ』です。当時のファミコンカセットの容量の関係で実装されたのは10球団でしたが、しっかりセ・パの球団をモチーフにしたチームが登場。
その上、選手名が4文字で表示(促音も1文字に含まれるため、『クロマティ=くろまて』といった表記だった)され、打率や本塁打数、走力といった能力値までキチンと設定されていました。

今では野球ゲームのチーム&選手名の実名収録は当たり前ですが、当時としては画期的な出来事だったのを覚えています。ちなみに『ファミスタ'87』まで選手名は実名でしたが、『ファミスタ'88』では実名をもじった架空の名前に変更。
「くわた」が「くわわ」、「きよはら」が「きよすく」と微妙に変わったものの、容易にモデル選手が連想できたので、小学生だった自分にとっては些細な違いでした。

ちなみに初代『ファミスタ』の収録チーム数は10球団で、そこにセ・リーグとパ・リーグの人気格差が顕著に表れていました。
セ・リーグはしっかり6球団存在したのに対し、
パ・リーグは「ライオネルズ」という西武ライオンズらしきチームが存在していたのみ。それ以外のパ・リーグのチームは、鉄道会社系のチームを混成にした「レールウェイズ」と、食品会社系のチームを混成にした「フーズフーズ」にまとめられていました。

3/31(火) 18:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00080796-futaman-game

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :臼羅昆布 ★:2020/03/31(火) 14:51:05 ID:daav2xpP9

https://i1.wp.com/www.sanspo.com/geino/images/20200331/geo20033111120039-p1.jpg 2020.3.31 11:12

覚せい剤取締法違反(所持、使用)と大麻取締法違反(所持)の罪に問われ、一審仙台地裁判決を不服として控訴したタレント、
田代まさし被告(63)が30日、自身のYouTubeチャンネルに「志村けんさんへ」と題した動画をアップ。
新型コロナウイルスによる肺炎のため29日に70歳で急逝したタレント、志村けんさんを追悼した。
フジテレビ系「志村けんのバカ殿様」や「志村けんのだいじょうぶだぁ」などで志村さんと共演してきた田代被告。
45秒間の動画では、志村さんへのメッセージが文字で流され、「僕は志村さんの急逝のニュースを見て、志村さんより僕が
 逝くべきだったと思いました。志村さんは今のこの世の中に笑いを届けるために必要な人でした。悲しくて心の整理がつきません」
と突然の訃報にショックを隠せず。
志村さんと数々の番組で共演できたことを「幸せに思います」とし、「笑いに必要なこと、大切なことをたくさん教えていただいて
 ありがとうございました」と感謝。
「いつかあの世でまた一緒にコントをさせていただけたら嬉しいです。安らかにお休みください」と悼んだ。

田代まさし被告
https://www.sanspo.com/geino/news/20200331/geo20033111120039-n1.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ