リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

2019年12月

1 :数の子 ★:2019/12/31(火) 12:11:58 ID:akaWtg2g9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/tdKxu7o.jpg 12/31(火) 8:40配信Football ZONE web

2019年夏からスペインの名門バルセロナでプレーするオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングだが、ラ・リーガよりもプレミアリーグのほうがレベルが高いと感じているようだ。英紙「デイリー・ミラー」が伝えた。

 22歳のデ・ヨングは、2015年にオランダのウィレム?でプロキャリアをスタートさせると、翌年にアヤックスへ加入。レンタル移籍などを経て、昨季はアヤックスのトップチームでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもベスト4に残るなど、大きな舞台で活躍を見せることで自身の価値を高めた。

 また中盤だけでなく複数のポジションをフレキシブルにこなせる器用さや、パスセンス、球際の強さといったところで非凡な力を見せて、多くのビッグクラブが評価。マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンが興味を示していたとされるが、最終的にはバルセロナと契約で合意し、今季からラ・リーガでプレーしている。

 新天地での生活を満喫しているデ・ヨングだが、実際にスペインに参戦して、ある“気づき”があったようだ。

「以前はラ・リーガが世界最高のサッカーリーグだと思っていた。ヨーロッパの大会における彼らの支配力は一目瞭然だろう。スペインのクラブはいつも上まで勝ち進むし、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグという主要なトロフィーを手にしてきた。だが、ここ数年はプレミアリーグがパワーをつけている。純粋にスキルの面ではラ・リーガのほうがいいと思うが、インテンシティーという意味ではプレミアリーグのほうがレベルが高いと思う」

 代表チームでデ・ヨングを指導するロナルド・クーマン監督は、「フレンキーは今や世界最高のMFの1人」と称賛しており、シティを率いるペップ・グアルディオラ監督はデ・ヨングのようなタイプのMFに強い関心を示しているという。

 クーマン監督はデ・ヨングのバルセロナ移籍が決まる前、シティ行きを勧めていたそうだが、デ・ヨングの要求した週給をシティが拒否し、プレミアリーグ行きは実現しなかった。ラ・リーガは自身がイメージしていたものと異なる部分もあったようだが、スペインでのさらなる飛躍に期待が懸かる。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191231-00237504-soccermzw-socc

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :影のたけし軍団ρ ★:2019/12/31(火) 16:11:33.77 ID:th6yShnZ9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MGvtaXt.jpg 2019年9月。ジャニーズJr.の人気メンバー2名のプライベート画像が流出する騒動が起き、
当該メンバーには年内謹慎という処分が下されたが、この不祥事をきっかけに、
ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明は徹底的にジュニアの身体検査を行った結果、
とんでもない火種が見つかったという噂が駆け巡った。

「国民的人気女優XがJr.のメンバーにレイプされそうになった」というものだ。

Jr.の事情に詳しいテレビマン・A氏によれば、事件が起きたのは3〜4年前。
あるJr.の自宅で開かれたパーティにXと親しかったメンバーが彼女を呼んで一緒にドンチャン騒ぎ。

泥酔して寝込んでしまったXに対し、数名のJr.が彼女のスカートをめくったり、
身体に触るなどのセクハラ行為を始め、それがヒートアップしてXに襲い掛かったというものらしい。

「幸い、目を覚ましたXが激しく抵抗したため未遂に終わったという話です。
Jr.のメンバーはもちろん、パーティに参加していたことを事務所に知られたくないXも口をつぐんだことでこれまで公になっていなかったのが、
今回の身体検査をきっかけに表面化してしまったというのです」(週刊誌記者)

この話を聞いたタッキーはすぐに当事者として名前があがったジュニアに聞き取りを開始。
全員が事実無根と否定したそうで当初はスルーされるはずだったというのだが、どうやらそうもいかない事情が出て来たようで…。

なんと、パーティの様子を収めた動画が存在するというのだ。

「パーティの様子をスマホで撮影していたというメンバーが、Xが襲われているところを動画として保存しているというのです。
そのメンバーは否定しているものの、スマホの提出を求められても応じていないそうで余計に疑惑が深まる結果になってしまったみたいです」(前出・週刊誌記者)

この動画データの存在が事実であり、万が一流出してしまった場合、芸能界に激震が走るのは必至。
「火のないところにも煙が立つ」のが芸能界だが、真相はいかに?
https://k-knuckles.jp/1/9579/2/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :牛丼 ★:2019/12/31(火) 17:43:02.63 ID:RpfWikok9

https://i1.wp.com/xn--n8j3azcmckmhu6nxb0gr698btbwag18eo49cffg.com/wp-content/uploads/2018/10/2-12.jpg タレントの森下千里(38)が31日、ブログを更新。所属事務所との契約を解約すると発表した。

 「わたくし、森下千里はビクターミュージックアーツとのマネジメント契約を解約し、これまでの仕事から離れることをご報告させていただきます」と報告した。

 「東京に来て、18年。これまでやってこられたのは、皆様のおかげだったと、心から感謝しております。もう十分に幸せだったと思う気持ちが、この決断へと導いてくれました」と理由を説明。

 今後について「これからはメディアを通じてではなく、ひとりの人として、出会った人たちを笑顔にできるような人生を歩んでいきたいと思います。これまで、本当にありがとうございました」とつづっている。

 森下はグラビア戦国時代と呼ばれた2000年代に、一大人気を誇り、代名詞とも言える「女豹のポーズ」で数々のグラビア雑誌を席けんした元グラビア女王。現在は芸能界での仕事以外にピラティスやゴルフのトレーナーとして活動していた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000137-spnannex-ent

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 :豆次郎 ★:2019/12/31(火) 15:03:50 ID:s1G3LAIo9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JI21itV.jpg 週プレNEWS
12/29(日) 23:30配信
【肉40周年】あなたは、どの『キン肉マン』が思い出深い? 2019年「キン肉マン40周年」イベントをランキング形式で総ざらい!  

今年、2019年は「キン肉マン連載40周年」の記念すべき年だった。すでにツイッター等でお知らせしている『キン肉マン酒場』(2020年1月7日〜2月9日)など、現在も記念企画は進行中だが、2020年を迎えるこのタイミングで「キン肉マン連載40周年」に行なわれた数々のイベントを振り返ってみよう。

【画像】嶋田先生のツイッターで公開され話題になった「友情」の一枚

この企画は、11月29日に発売された『キン肉マンジャンプvol.3 〜「キン肉マン超人総選挙2019」を振り返る』のアンケートはがき内での質問「キン肉マン連載40周年企画で一番面白かったものを選んでください」をもとにTOP5のランキング形式で紹介。(※はがきは2020年1月29日まで受付中)

第5位 『週刊プレイボーイ22号』(5月20日発売) キン肉マン大特集


キン肉マンとソルジャーの兄弟で表紙を飾るという快挙に加え、『週プレNEWS』での連載に先立ち、ソルジャーが登場した284話の先行掲載、「キン肉マン超人総選挙2019」の結果発表。さらに、お笑い芸人のオードリーや日向坂46の松田好花(このか)、『学研の図鑑「超人」』の担当編集、初代担当編集の中野和雄氏の対談やインタビューを掲載、計50ページにわたる豪華版となった。

第4位 キン肉マン連載40周年記念 ストップムービー(6月17日より公開中)


『キン肉マン?世』や『SLUM DUNK』のキャラクターデザイン、『ドラゴンボールZ』での作画監督などで有名な佐藤正樹氏に監督・プロデューサーを依頼。ジャンプ時代から現在に至るまでの名場面を佐藤監督ならではの視点で構成した。さらに、映像ラストではキン肉スグルの声でおなじみ神谷明氏のスペシャルボイスが! 現在およそ112万の再生回数を誇っている。

第3位 キン肉マン超人総選挙2019(3月29日〜4月29日投票 5月20日結果発表)


10位にビッグボディが入るという熱い展開に加え、超人血盟軍(ソルジャー【1位】、ザ・ニンジャ【6位】、バッファローマン【7位】、ブロッケンJr.【8位】、アシュラマン【9位】)は全員安定のTOP10入り。『キン肉マンジャンプvol.3』巻末コメントで、委員長(ハラボテ・マッスル)の部下・ノックにも12票が入ったことが発表され、「頑張っていればいいことあるぞ」感が一部ファンに伝わったりも。

第2位 『週刊少年ジャンプ 29号』(6月17日発売)「さよなら、キン肉マン!!の巻」読切掲載


2008年の『週刊少年ジャンプ 29号』に掲載されて以来、11年ぶりに読切を掲載。キン肉マンの"引退"をめぐり、ロビンマスクをはじめとしたアイドル超人が大暴れ。ベテランファンはもちろん、若いジャンプ読者の間でも話題となった。 

第1位 『学研の図鑑 キン肉マン「超人」』


ダントツの1位はやはり図鑑! およそ2年の制作期間を経て、『キン肉マン』『キン肉マン?世』の超人約700種をフルカラーで掲載。制作担当者もキン肉マン世代の方で、子どもの頃から「キン肉マンの図鑑があったらな」と妄想されていたそう。キン肉マン世代の夢が叶った一冊といえる。

6位以下は「JR東日本 キン肉マンスタンプラリー めざせ全駅制覇!編」、「キン肉マン 友情の40周年展 大阪会場」、「キン肉マン 友情の40周年展 名古屋会場」、ニッポン放送『ゆでたまごのオールナイトニッポンGOLD』、「キン肉マン 友情の40周年展 東京会場」、「キン肉マントイフェスティバル2019」、キン肉マン酒場【2018年12月スタート期】、南海電鉄の特別急行列車"ラピート"特装ラッピング号、阪神甲子園球場中井先生始球式、キン肉マン×集英社大展示会!!の巻、『MUSCLE SPRING FESTIVAL2019』、「キン肉マン CARNIVAL」となった。

16ものイベントを行なってきたキン肉マン40周年。皆さんは、どれが一番印象的だっただろうか。そして、これからも「キン肉マン酒場」復活を皮切りに、話題企画をどんどん行なっていきます!


©ゆでたまご ©ゆでたまご/集英社 撮影/榊 智朗
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-01104670-playboyz-ent

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ