リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

2019年01月

1 :muffin ★:2019/01/31(木) 12:09:03.39 ID:I++9dpCd9

https://i1.wp.com/image.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/30/l_skfigkato001.jpg http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/30/news133.html
2019年01月30日 19時20分

タレントの加藤紀子さんが1月30日、45歳の誕生日にロングヘアを40センチカットし「ヘアドネーション」に参加したことをInstagramで報告しました。

加藤さんは、カットする直前に撮影したロングヘアの写真とともに、「何か私に出来る事はないか?と、長年『いつの日か』と思っていたヘアドネーションをさせて頂く事にしました」と心境を報告。「どこかの誰かの小さなお役になれたら、これ以上嬉しい事はありません」と胸中を明かし、規定の31センチを大幅に超える40センチをカットして寄付したことを伝えました。

ヘアドネーションとは、病気などで髪を失った子どもたちに医療用ウィッグを無償提供するために髪の毛を寄付する慈善活動。近年は芸能界でも二階堂ふみさんや片瀬那奈さん、熊田曜子さん、柴咲コウさん、ベッキーさん、矢沢心さん、ダレノガレ明美さんらがこの活動に参加し、その報告に影響された一般人が参加するなど広がりを見せています。

https://i1.wp.com/image.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/30/l_skfigkato002.jpg

続きを読む

1 :影のたけし軍団ρ ★:2019/01/31(木) 11:41:55.00 ID:DjpjX79V9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/qr42yKl.jpg アイドルグループ「AKB48」元メンバーの女優岩田華怜さん(20)につきまとったとして、
ストーカー規制法違反の罪に問われた無職大西秀宜被告(43)に、東京地裁は31日、
懲役4月、保護観察付き執行猶予3年(求刑懲役4月)の判決を言い渡した。

中島真一郎裁判官は、警察による再三の警告を無視し、長年にわたってつきまといを繰り返したと指摘。
「タレントとしてのファンサービスを好意の表れだと一方的に思い込んだ。再犯が強く懸念される」と述べた。

身柄が長期間拘束されていることなどを考慮し、猶予判決とした。

判決によると、昨年4月、岩田が出演した舞台の東京都練馬区の会場に押し掛けるなどしたとしている。
警視庁は2017年4月、ストーカー規制法に基づき大西被告を警告していた。

岩田は昨年10月の公判に出廷し、法廷と別室を映像でつなぐビデオリンク方式の証人尋問で「もう私の人生に関わらないで」と訴えた。
https://www.sanspo.com/geino/news/20190131/tro19013110510008-n1.html

【裁判】元AKB岩田華怜さんにストーカーの男・大西秀宜被告「今でも僕に好意を抱いていると思います」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544190183/

続きを読む

1 :アルテミス@ ★:2019/01/31(木) 10:52:54.70 ID:egby0kGc9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XdFbcQZ.jpg Apple Corps Ltd.とWingNut Films Ltd.は水曜日(1月30日)、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで知られるピーター・ジャクソンを監督に、ザ・ビートルズの新しい映画を制作することを発表した。

◆ピーター・ジャクソン、ザ・ビートルズ画像

映画は、1969年1月2〜31日、スタジオにいるザ・ビートルズを捉えた約55時間の未発表映像をもとに作られる。ザ・ビートルズはこのセッションでアルバム『Let It Be』(1970年)を生み出した。

ジャクソン監督は、「僕らには、これまで見たことのない55時間の映像と140時間のオーディオが提供された。この映画が、ザ・ビートルズ・ファンが長いこと夢みてきた究極の“こっそり見ている”体験になるのは確かだ。まるで僕らがタイムマシーンで1969年に戻り、4人の友人達が素晴らしい音楽を一緒に作っているところを実際にスタジオで目にしているようだ」と、コメントしている。

アルバム『Let It Be』はザ・ビートルズの最後のスタジオ・アルバムとなり、制作中、メンバーの間に緊張感があったと言われるが、ジャクソン監督は「現実は伝説とはとても違うことを発見した」という。
「確かに感情的になっている瞬間もあった。でも、このプロジェクトが長い間連想させてきた不和ではない。ジョン、ポール、ジョージ、リンゴが一緒になって、ゼロからあの名作を生み出していくのを見るのは魅力的というだけでなく、面白くて高揚感があり、驚くほど親密だ」

ポール・マッカートニーも昨年9月、1970年に公開されたザ・ビートルズのドキュメンタリー映画『Let It Be』の新ヴァージョンが制作されるかもしれないとほのめかしたとき、「オリジナルが公開されたとき、ザ・ビートルズの解散ばかりになっちゃって、僕にとっては、あの映画はちょっと悲しかった」「でも、(未発表の)映像を見た人たちがいて…、56時間もあるんだよ、その1人は“全体の感じはすごく楽しくて、高揚感があった”って言ってた。みんなで集まり、音楽作って楽しんでいるような」と話していた。

映画の制作には、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノ、オリビア・ハリスンが全面協力している。公開日は今後、発表される。

ジャクソン監督は、J・R・R・トールキンの長編小説『指輪物語』の実写映画化を初めて実現したが、ザ・ビートルズのメンバーも60年代、それを計画していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000074-bark-musi

続きを読む

1 :muffin ★:2019/01/31(木) 12:12:24.38 ID:I++9dpCd9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/U6gYUIP.jpg https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190131-OHT1T50050.html
2019年1月31日10時41分 スポーツ報知

 株式会社「ZOZO」の代表取締役社長・前澤友作氏(43)が31日、自身のツイッターを更新し、会社への思いをつづった。

 前澤氏は「もちろんいろいろやっていくつもりではいるけど、僕のできる最大の社会貢献活動は、会社を大きくして、たくさんの人を雇用し、楽しくはたらいてもらうことだ」とキッパリ。「会社を大きくするためなら、恥をかいてでも自分を売名するし、大金をはたいてでも月へ行く」と本業以外の活動で注目されることも社業のためであると強調し「知ってもらえなきゃ何も始まらないから」とつづった。

 フォロワーからは「何も間違ってないので突き進んで下さい」「前澤さんの考え方素晴らしいと思います」「楽しく働くってすごく大事!」「そんな考え方の社長さんの下で働いてみたいです!」「雇ってください」などのリプライが続々と寄せられている。

続きを読む

↑このページのトップヘ