リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

2018年07月

1 :Egg ★:2018/07/31(火) 06:58:12.55 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/amd.c.yimg.jp/amd/20180731-00000032-sph-000-3-view.jpg 日本代表の森保一監督(49)は、2020年東京五輪を目指すU—21日本代表との兼任の重責に挑む。両カテゴリーを兼務するのは00年シドニー五輪と02年日韓W杯で指揮したフランス人のフィリップ・トルシエ氏(63)以来。経験者であるトルシエ氏は、当時と現在では日本サッカーの置かれた状況が違うと分析し“二兎”を追う道は厳しいと指摘した。

 なぜ私はA代表と五輪代表の監督を兼任したのか。1998年に日本代表監督に就任するにあたり、W杯まで段階を踏んでチームを作り上げていくべきだと考えた。日本のポテンシャルを把握し、2002年は24〜26歳の選手が中心になると導き出した。つまり4年後のチームを構築するために、少なくともU—20代表から見ていかねばならないというのが私の結論だった。

 同時に選手たちを同じ哲学の下で育てたかった。ひとつのマネジメント、共通のコミュニケーション、同じ組織の下で育てるために、スタッフは3つのカテゴリー(U—20、五輪、A代表)の中で流動的に仕事をした。作りたかったのは“ラボラトリー”(研究所)と呼ぶ組織だ。同じ意識を持ち、同じ考えでプレーできる選手をそこで形作っていく。

 大きなアドバンテージだったのは、選手のほぼ全員が国内組であったことで、それこそが成功の鍵だった。選手招集のために強制力のあるFIFAの国際Aマッチデーを利用する必要がなく、全てはJリーグと協会との間の調整だけで済んだ。リーグの試合後、日曜夜に選手を集め、水曜朝まで練習するミニ合宿をあらゆるカテゴリーで頻繁に行った。

 99年の世界ユース選手権(ナイジェリア・現U—20W杯)を経験した選手から7〜8人が五輪代表に昇格した。シドニー五輪の後には十数人をA代表に組み入れた。00年10月のアジア杯を終えた時点では、35〜40人のグループができあがっていた。そこから02年に向けて、私はベストチームを編成することができた。

 今の状況はまったく異なる。当時と同じことをするのは不可能だし、同じプロセスを踏もうとするのは間違いだと私は思う。まず、2年後に迫った東京五輪に膨大なエネルギーと集中力を注ぎ込まねばならない。その間は準備期間も含め、監督は五輪代表にかかりきりにならざるを得ない。しかし、A代表のアジア杯も半年後に迫っており、こちらも全力を挙げて準備しなければならない。

 問題は、両チームの間に何の共通性もないことだ。選手の重なりもない。現状、五輪代表からアジア杯の代表に入る選手は0人。逆にA代表から五輪代表にも一人も入らない。例え選んでも、所属する欧州のクラブがイエスとは言わないからだ。

 仕事も同じではない。今のA代表は、選手の大半が欧州組だ。試合の3日前にならないと代表に合流できない。監督はA代表と五輪代表のそれぞれに全力を傾けて専念すべきで、この(兼任)プロジェクトを展開するのはちょっと時期尚早だ。

 アドバイスを与えられるとすれば、西野監督がA代表監督に留まるよう、もう一度説得するべきだということだ。アジア杯を五輪代表で臨むのならば、一人の監督に全てを任せる一貫性は得られる。しかし勝つためのベストの選択とは言えず、日本は容認できないだろう。また世代交代も五輪の後に自然に行うべきで、無理やりチームを変えるべきではない。

 外国人監督でないならば、アジア杯に向けて西野監督が留任する事が大事だった。彼はW杯で何かを作り出した。だが、彼の仕事はまだ終わっていない。西野監督がA代表で森保監督が五輪代表。二人でコラボしながらやっていく方が、森保監督一人に2チーム預けるよりずっと大きな効果が期待できる。

 日本は今、大きな波に乗っている。それを壊してはならないと私は思う。(元日本代表監督)

 ◆トルシエ氏の兼任 98年9月、A代表と五輪代表の兼任監督に就任。99年の世界ユース選手権(現U—20W杯)ではFW高原直泰、MF小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁らを擁して準優勝した。00年シドニー五輪ではMF中田英寿、DF宮本恒靖、高原、稲本、小野(予選のみ)らを選び、68年メキシコ市五輪以来32年ぶりに決勝トーナメント(T)に進出して8強。02年日韓W杯では、育成年代から指導してきた選手を中心にして、日本史上初の決勝T進出を果たし16強に入った。

7/31(火) 6:10配信 スポーツ報知

写真 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000032-sph-socc

続きを読む

1 :muffin ★:2018/07/31(火) 12:46:40.27 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/contents.oricon.co.jp/upimg/news/20180731/2116631_201807310198770001533007600c.jpg https://www.oricon.co.jp/news/2116631/full/
2018-07-31 12:13

2005年に急性骨髄性白血病のため亡くなった歌手、本田美奈子.さん(享年38)の舞台やコンサートで使用していた衣装、写真パネル、プライベートで使用していた貴重なアイテムが展示される『本田美奈子.ミュージアム』プレオープンセレモニーが、3歳から亡くなるまで住んでいたというゆかりの地である埼玉・朝霞市のミュージカルスクールアミティエで31日に行われた。

 同展では「多くの人の心に光を与えられるような歌手に」との思いで活動していた本田さんのメッセージを感じて、楽しんでもらうことをテーマに、コンサート衣装、ライブ映像、直筆メッセージボードなどを展示。「第2の本田美奈子.を」をコンセプトに併設している同スクールに通う、生徒たちを中心に次の世代へとつながるミュージアムを目指している。

 プレオープンセレモニーには、本田さんの母である工藤美枝子さん、BMI代表取締役の高杉敬二氏、ミュージアムの館長である濱田大氏、朝霞市長の富岡勝則氏が出席。工藤さんは「美奈子の誕生日であるきょうに開催できて、ほんとうにうれしいです。朝霞が大好きだったので、本当に美奈子の笑顔が目に浮かぶようです。展示されているすべてのものは大事に愛用したものなので、天国で喜んでいると思います」とかみしめるように語った。

 ミュージアムにドレス6着、写真80点、トロフィーや賞状15点が展示されているが、高杉氏は「まだ4分の1にしか満たない」と、今後も展示物の増量や入れ替えを行っていく予定であるとコメント。「ずっとずっとこれをやりたいと言っていたので、やっと美奈子が表に出てきたという感じです」と天を仰いでいた。

 同展の正式なオープンは9月からで、毎月第2土曜日と日曜日に営業される。

https://i1.wp.com/contents.oricon.co.jp/upimg/news/20180731/2116631_201807310198631001533007600c.jpg
https://i1.wp.com/contents.oricon.co.jp/upimg/news/20180731/2116631_201807310198826001533007600c.jpg

続きを読む

1 :ひぃぃ ★:2018/07/31(火) 13:13:13.79 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/www.hochi.co.jp/photo/20180731/20180731-OHT1I50056-L.jpg  ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(45)が31日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月〜木曜・前8時半)にゲスト出演し、SNSで炎上騒動を起こした「新幹線声掛けツイート」について語った。

 騒動を振り返り堀江氏は「一時的にはアンチも来て、炎上もするかもしれないなとも思ったけれども、あれによって新幹線の座席を倒すときに声掛けをしなければいけないと思っている人たちは、あんなに反論が来るとは夢にも思っていなかったと思うんです」と回顧。

 そして「寝ているときに声を掛けられることもあるし、本を読んで集中しているのになんでと思うこともある」と体験談を語り「それに類することで、変な気の使い方をして欲しくないと思っている人は、一定パーセンテージはいると思った。善意の押しつけをしている人は、いいことをしていると思っているから言わねば」とツイッター投稿の“裏側”を語った。

 パーソナリティーの伊集院光(50)は「本音で話していると自分のだらしなさと、いい子ちゃんぶりが恥ずかしい。僕、1番後ろの席取れないと、新幹線を後ろに(ずら)している。(席を)倒したいから。倒したいのに嫌われるのが怖い」と話した。

 堀江氏は今月14日に新幹線の乗車について「前の席のクソ野郎がおれが寛いでいるのにもかかわらず一々『席を倒していいですか?』とか聞いてきやがる。ウゼェ。勝手に倒せや。何でもかんでも保険かけようとすんなボケ」とツイート。ネット上では、賛否両論の声が飛び交った。

2018年7月31日12時37分

画像
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180731-OHT1T50107.html

続きを読む

1 :Egg ★:2018/07/31(火) 16:03:06.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/gJ435Lo.jpg 今度はこじるりか!? 明石家さんまや岡村隆史など多くの芸能人が“参戦”し、その都度、ネットで炎上するという現象を巻き起こしているのが「ZOZOTOWN」を運営する前沢友作社長(42)と女優・剛力彩芽(25)の熱愛騒動。今度は女優の小島瑠璃子(24)の発言が、ネット上で論議を巻き起こしてしまった。“こじるり無双”とまで呼ばれるようになったリポート力に過信があったのか。剛力をめぐる騒動は様々なところに飛び火している。

 問題となっているのは29日に放送されたフジテレビ系の情報番組「ワイドナショー」。前沢氏と剛力のインスタグラムに批判的なコメントが多く寄せられた騒動が取り上げられた。

 2人はW杯ロシア大会の決勝戦を生観戦したことをインスタで報告したことが話題となった。事態が大きく騒がれ始めると、剛力は過去の投稿をすべて削除。後日、再スタートさせたインスタで心機一転の意味を込めてか、笑顔の写真を投稿した。ところが、その直後に前沢氏が自身のツイッターで剛力の投稿を引用し「撮影by前澤友作。この笑顔が大好き」と写真を撮影したのは自分だと明かしたため、再び炎上してしまったのだ。

 これに小島は憤まんやるかたない。番組で「削除して1枚目の写真に僕が撮りましたと発したんですよ。ドン引きしましたね」と前沢氏をバッサリと斬り捨て「終わりにしろと。彼女が終結しようとしているのに、なんで(年齢が)20個上のオジサンがガンガンくるのかな。い〜ら〜な〜い〜!」と顔をひきつらせて言い放った。辛辣コメントは続き「『オレが撮りました、ドヤ!』はいらない」「私は前沢さんにはときめかない!」とまで断言してみせた。

 つまり、剛力が騒ぎを“鎮火”させようとしているのに対し、前沢氏のようないい大人がなぜ油を注ぐようなマネをしているのかと小島は言いたかったのだろう。

 だが、ネット上は大荒れだ。「小島よく言った」と理解を示す声もあるが、過剰反応したと受け取られたのか「金持ち彼氏をゲットした剛力に嫉妬してるだけだろ」「20個上とか関係ある?」と全体的に冷ややかな書き込みが目立ち、炎上してしまった。

 ワイドショー関係者がこう語る。

「小島さんの指摘はもっともなんですが、ちょっと言い方が過激になってしまったところがある。何も不倫をしているわけでもないのに、そこまで辛辣だと、逆にいろいろ勘繰られてしまいますよね。特に剛力さんと小島さんは同年代なので誤解されやすい。もっと淡々とコメントすればよかったのでは」

 また「今回は自身の立ち位置も原因があるのでは?」と分析するのは芸能プロ関係者だ。

「小島さんといえば、池上彰氏の選挙特番で局アナが舌を巻くほどのリポート力を披露しましたよね。ネット上では『こじるり無双』と呼ばれるほど絶賛されましたが、今回はその自信が裏目に出てしまったのではないでしょうか。自分の“コメント力”に視聴者は賛同し、ついてくると思ったのかもしれない」

 剛力と前沢氏の熱愛については、有名人がどんどん“参戦”し、その都度ネット上で騒動になっている。それだけ注目度の高いセレブカップルの交際ということなのかもしれない。

7/31(火) 11:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000008-tospoweb-ent

続きを読む

↑このページのトップヘ