リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

2017年02月

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 10:13:27.17 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/tgPFL7Y.jpg  長崎県対馬市の観音寺から盗まれて韓国に持ち込まれた仏像を、同国中部の浮石寺に引き渡すよう命じた韓国・大田地裁の判決に対し、韓国内で批判的な世論が広がっている。

判決は、数百年前に日本の海賊「倭寇(わこう)」に略奪されたと主張する浮石寺側の所有権を認めたが、「盗み返し」を容認するような内容だけに、多くの韓国メディアが疑問を投げ掛ける。夏にも始まる控訴審の行方が注目される。

■韓国側も「これ以上、日韓関係を悪化させたくない」

 仏像は長崎県指定有形文化財の「観世音菩薩坐像(かんぜおんぼさつざぞう)」。地裁判決について保守系紙の中央日報は「目には目、歯には歯、では解決できない」と批判し、日韓両国が改めて協議するよう求めた。朝鮮日報も「正当防衛的な発想に基づく愛国判決」とし、日本側の反発を招くと論評した。

 韓国政府は過去に朝鮮半島から海外に流出した文化財は約16万8千点に上り、半数近い約7万1千点が日本に残っていると推定。「日本には他にも隠された朝鮮半島の文化財がある」との見方も根強く、盗難など不正な手段で持ち出されたものについては返還を求める方針だ。

 保守系の夕刊紙、文化日報は「坐像が戻ってきたこと自体は歓迎できるが、他の文化財返還運動には悪影響が懸念される」と指摘。日本をはじめ、文化財返還交渉の相手国が態度を硬化させて「返還されるべき他の文化財まで失う恐れがある」と強調した。

 日韓関係は、釜山の日本総領事館前に設置された従軍慰安婦問題を象徴する少女像に抗議し、長嶺安政駐韓大使が一時帰国するなど冷え込んでいる。北朝鮮の核・ミサイル開発やテロ行為の脅威が高まる中、韓国側も「これ以上、日韓関係を悪化させたくない」(外交筋)のが本音。通常は反日的な論調が目立つ韓国メディアも坐像問題があまりこじれるのは得策でないと判断しているもようだ。

■国際的信頼 失いかねない—韓国文化財委員・鄭永鎬氏

 「観世音菩薩坐像」の所有権を巡る韓国・大田地裁判決について、韓国の文化財委員で文化史学会会長などを歴任し、文化財調査で対馬にも200回近く足を運んだという鄭永鎬(チョン・ヨンホ)韓国教員大名誉教授に聞いた。

   ◇   ◇

 倭寇に強奪された具体的な証拠がないのに、一部の論文や専門家だけの意見で浮石寺の所有権を認めた一審判断は間違っている。

 像内に「浮石寺」と記された文書があったので、高麗時代に同寺で製造されたことは間違いないだろう。だが、窃盗で持ち込まれたものをそのまま奪い取るようなことを認めれば、国際的な信頼も失いかねない。文化財返還交渉にも大きな影響が出るだろう。

 朝鮮王朝時代は儒教が重んじられ、仏教は排斥された。寺は焼かれ、多くの仏像や釣り鐘が失われた。それを避けるため、日本に売られたり、寄贈されたりしたケースも多い。長崎・対馬には、今回の坐像を含めて高麗−朝鮮王朝時代に朝鮮半島から渡った仏像が124体ある。全てが倭寇による強奪品のはずがなく、正規ルートで渡ったものが少なくない。

 韓国の専門家の多くが私と同じ考えのはずだが、韓日関係に関しては本音を言いにくいのも事実。言ったら、「親日」と後ろ指を指される。とはいえ、外交問題にもなっていることを感情的な判決で解決するのは間違いだ。やはり、一度は対馬に返すのが筋。その上で改めて像の管理について両国で交渉すべきだ。

◆観世音菩薩坐像

 2012年10月に韓国人窃盗団が長崎県対馬市の観音寺から盗み、韓国で回収された。韓国中部・端山の浮石寺が「14世紀に倭寇に略奪された」と主張し、韓国の地裁が日本への移転を禁じる仮処分を決定。同寺は16年4月に所有権を求めて提訴し、今年1月に勝訴した。坐像を管理する韓国政府は即日控訴。浮石寺への引き渡しを止めるための「強制執行停止」も地裁に申し入れ、認められた。

西日本新聞 2/27(月) 10:22
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00010003-nishinpc-int

続きを読む

1 :忍次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 10:38:49.80 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/nmGUpoD.jpg  突然の芸能界引退と「幸福の科学」への出家。そして告白本の緊急発売。
関係各方面に騒動と迷惑を振りまいた女優の清水富美加。
その行動について、仏教哲学サークル「ひかりの輪」代表、上祐史浩氏がオピニオンサイト「iRONNA」で解説し、
大きな反響を呼んでいる。

「上祐氏は清水の出家を、
『初期仏教型の出家を経験した者からすれば、出家と言うよりは、転職と表現すべきかなとも思います』と分析。
さらに、清水が出家に至った時代背景、家庭環境を考察。
清水が『魂の救済のために24時間を捧げる』宗教者になるべく出家を決意したという点については、
『自分で問題を解決できず、精神的に参ってしまい、教団に保護された』、出家僧というよりは
『駆け込み寺に入った信者のよう』と表現。
そして、清水の件は例外ではなく、『精神的な幸福を求める流れが強まる可能性』についても示唆しています」(芸能ライター)

〜続き・詳細 は以下引用元をご覧ください〜

清水富美加の“出家”を「ひかりの輪」代表・上祐史浩氏が解説し大反響!
アサ芸+ 2017年2月28日 09:58
http://www.asagei.com/excerpt/76179

続きを読む

1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 11:22:19.21 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/TzSQGMG.jpg おたぽる2月27日(月)20時0分

「週刊少年ジャンプ」公式サイトより。

??発行部数約200万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からレビュー!

「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2017年13号の表紙と巻頭カラーは、「新連載6連弾」の第4弾目となる『腹ペコのマリー』。作者は『べるぜバブ』の田村隆平。田村はおよそ3年ぶりの連載復帰で、巻末の目次でも「また帰ってこれて感無量です」と言葉を残している。

『腹ペコのマリー』は、“バトルラブコメ”。現在の「ジャンプ」には、すでに『ゆらぎ荘の幽奈さん』『僕たちは勉強ができない』といった2作のラブコメがあるが、これに『腹ペコのマリー』も加わることに。ちなみに、12年にも『ニセコイ』『パジャマな彼女』『恋染紅葉』といったラブコメ3作が同時連載されたことがあった。今回の三つ巴を制するのはどの作品になるのか、気になるところだ。

 そして、前号急に物語の時が数年進み、打ち切りの様相を見せていた『オレゴラッソ』だが、やはり今号で終了となった。サッカーを題材にした『オレゴラッソ』だったが、作者の馬上鷹将も目次コメントで毎週のようにJリーグを語るほどのサッカーファン。それだけに連載終了は心寂しいが、次作に期待したい。と言うか、近年ささやかれる「ジャンプでサッカーマンガは成功しない」説が大分現実味を増してきたような……。

 来年で創刊50周年を迎える「ジャンプ」だが、記念イヤーに向けてさまざまな企画がスタートすることが今号明らかに。まずは、創刊から現在までの歴史を振り返る展覧会「ジャンプ展」が今年から来年に渡って3回開催されることが発表された。

45周年を迎えた14年には、ゲーム『ジェイスターズ ビクトリーバーサス』、40周年を迎えた10年には、ジャンプ作家のインタビューなどを収録した『マンガ脳の鍛えかた』と、周年イヤーには記念グッズを発売してきた「ジャンプ」。今回もどのような企画やグッズが展開されるのか、注目していきたい。

 そんな新情報もあった今週の「ジャンプ」だが、とある2作に心配の声が上がっている。『ブラッククローバー』と『僕のヒーローアカデミア』だ。

『ブラクロ』はTVアニメ化が決定、『ヒロアカ』も3月からTVアニメ2期が放送開始と、未来の「ジャンプ」を背負って立つ作品なのだが、今週は2作とも原稿が間に合わなかったようで、コマの一部が下書きのままで掲載されてしまっている。奇しくも並んでの掲載だったこともあって、「ちょっと休んだほうがいい」「アニメ化するから忙しいんだろうなあ」と作者を心配する声が。

 その一方で、「ジャンプは作者を働かせすぎ」という声も。たしかに、『ヒロアカ』の堀越耕平は6月発売の14巻に同梱されるアニメDVD用にオリジナルキャラを描き下ろしていたりする。また、『ブラクロ』といえば、昨年に2週連続表紙&巻頭カラーをやってのけたことが記憶に新しい。

 次世代看板作として、ここ近年猛プッシュされているようにも見える2作。作家のダウンで作品の勢いが失速してしまうのは口惜しいので、無理のない範囲でペンをふるってほしいものだが……。
(雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社。文中、敬称略)

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0227/ota_170227_5274074075.html

続きを読む

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 12:45:06.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/YjKxPQW.jpg  gooランキングが「結局一番イケメンだと思う日本のスポーツ選手ランキング」を発表したが、このランキングに納得する人もいれば、そうでない人もいるようだ。

 結果からいえば、1位は元サッカー日本代表の内田篤人。2位のダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)の倍近い票を得て、結婚後もその人気を見せつけている。3位にはフィギュアスケートの羽生結弦、4位には飛ぶ鳥を落とす勢いの大谷翔平(北海道日本ハム)がランクされ、ある程度は世間の人たちも納得しているようだ。

「ランキングは26位まで発表されています。7位ケンブリッジ飛鳥(陸上)、8位浅尾拓也(中日ドラゴンズ)など、本当に顔で選ばれてるなとうなずけるアスリートもいれば、6位内村航平などは『いくらなんでも上すぎないか』という声もチラホラ」(芸能ライター)

 そんななか、最年長で5位に入ったイチロー(マーリンズ)がランクインしていたことで、「イケメン」の基準があいまいに。ネット上では「じゃあ、あの人はどうなんだ」と議論が巻き起こっているという。

「キング・カズことサッカー界のレジェンド・三浦知良ですよ。43歳で白髪も目立ち始めたイチローが入っているなら、“もっともカッコイイ白髪”のカズが入っていないのはおかしいというわけです。要は一括りに“イケメン”とあっても、男性が憧れる顔と女性がキュンとくる顔は全然違いますからね」(スポーツ紙記者)

 なんだかんだで、「ただの有名ランキング」になってしまった?

(小机かをる)

アサジョ2017年2月28日10時14分
http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_24682/

【話題】<結局一番イケメンだと思う日本のスポーツ選手ランキング> 5位イチロー、3位羽生結弦、1位はサッカーの内田篤人★3
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487948659/

続きを読む

↑このページのトップヘ