リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

2016年12月

1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 16:44:59.13 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/images/20161230/enn1612301000002-p1.jpg  これだからネット社会は恐ろしい。元俳優の成宮寛貴(34)のコカイン吸引疑惑を週刊誌に告発した「成宮寛貴の友人A氏」の身元を「特定した」とするサイトが現れた。これを受けて、A氏はツイッターで「本名」を公開するなど騒動が拡大している。一方、成宮は引退コメントで暗にゲイだとカミングアウトしたことが追い風になりそうだというから何が起こるか分からない。

 「成宮寛貴を売ったA氏を特定完了」とした記事を26日に掲載したのはニュースサイト「netgeek(ネットギーク)」。

 同サイトは、A氏がツイッターでつぶやき始めたわずか9分後に「A氏現る」と投稿した人物に注目。フェイスブックなどから、テレビ取材を受けたA氏と同じ柄のシャツを身につけた男性を発見。テレビと同じ位置にほくろもあったため、外国人風の名前を名乗る男性と、兄弟もしくは兄弟分の男性が関わっていた可能性があるとした。

 その後、A氏はツイッターで「名前ぐらい教えますよ」として自らの実名を公表。漢字2文字以外はすべてカタカナで表記されていた。

 「真相を語る」としてA氏が開設したブログは何度か更新されたが「(成宮は)もう引退して一般人なんだからそっとしておいてあげてもいいのでは」「金目当てではないか」と批判コメントも多い。

 事情を知る人物は「週刊誌に情報を持ち込んだのは、六本木周辺などが遊び場の外国人風の人物だったと聞いている」と話す。

 一方、芸能界を引退した成宮について「コカイン疑惑が注目されていたのに、ゲイであることにすり替えたことが功を奏したといえる」と芸能評論家の肥留間正明氏。

 さらに続ける。

 「コカインで引退したとなると、芸能界への復帰は厳しくなる。しかしゲイを引退の原因にするなら戻ってきやすい。むしろ新たなステージが用意されたようなものだ」

 早くも、その業界では“復帰”を期待する声も上がっているという。

 「何軒かのバーを経営するオーナーは、銀座に店を出すなら資金を出してもいいと打診しているそうです。やはり人気芸能人だったので、新宿二丁目ではなく、銀座への出店を勧めているそうです」と事情通。

 さらに暴露本出版の動きも出ている。「ゲイを告白するだけでなく、コカイン疑惑にまで触れてもらいたいと、成宮の周辺に出版を持ちかける動きがあるようです。ただ、本人は表舞台に出ることを避けているので、実現は難しそうですが」と出版関係者。

 何とも落ち着かない年の瀬だ。

2016.12.30
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161230/enn1612301000002-n1.htm

続きを読む

1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/31(土) 13:43:16.65 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/giwiz-tpc.c.yimg.jp/q/tpc/images/story/2016/12/28/_1482910413_1482910391_002.jpg 「毎日落ち込んでるよ」本田圭佑、苦境でも諦めない生き方
12/31(土) 11:00 配信

本田圭佑にとって、2016年は試練の1年だった。イタリアの名門ACミランでは1月からレギュラーの座を掴んだものの、夏にモンテッラ新監督が就任すると出場時間が減少。試合勘が鈍ったと見られ、日本代表でもサウジアラビア戦で先発から外れた。だが、それでも本田は「そんなの悩みのレベルに入らない」と言い切る。本田の不屈の精神力に迫る。(文・写真=木崎伸也/Yahoo!ニュース編集部)

ACミランの施設「ミラネッロ」で、本田は誰よりも長く練習している。「ジムは俺の専用部屋みたいになってるよ」

ACミランのトレーニング施設「ミラネッロ」は、ミラノ市内から車で約1時間の小さな山の上にある。クラブカラーの赤と黒で統一された2階建てのクラブハウスは別荘のような佇まいで、実際、全選手に個室部屋が用意されていて泊まることができる。

12月上旬、訪れた日は1日2回の2部練習が組まれていた。敷地外から様子を伺うと、午前中はトレーナーの指示のもと、選手たちがジムの中で器具を使ったフィジカルメニューを行なっていた。各メニューが終わるごとにコーチが手元のリストにチェックを入れている。

だが、その最中、1人の選手がピッチに姿を現した。背番号10、本田圭佑だ。本田はストップウォッチを片手にコーンを並べ、スプリントメニューをやり始めた。ダッシュを繰り返し、白い息が吐き出され、遠目からも追い込んでいるのが伝わってくる。計10本、ピッチを往復し終えると、本田は再びクラブハウスに吸い込まれた。トレーナーが用意したメニューは一切やることがなく——。

午後練はミニゲームを主体とした通常の練習で、本田もチームメイトともにピッチを駆け回った。ウォーミングアップのボール回しでは、キャプテンのアバーテや若手のロカテッリとふざけ合う。輪を乱している存在でも、孤立している存在でもない。だが練習後、再び1人で黙々と走り始めた。明らかに特別行動が許されている。

2部練が終わって日が沈みかけた頃、本田を乗せた車がミラネッロの門から出てきた。手を上げて呼び止め、率直に疑問をぶつけた。なぜ、本田圭佑だけチームと別行動をとっているときがあるのか?

本田は「今さら、その質問?」と笑い飛ばした。

「ミランに来てから、ずっとそうですから。最初はトレーナーがいろいろ言って来たんですが、僕と話しているうちにこっちのメニューに理論的な根拠があることが伝わり、フィジカルに関しては自分のやり方でやらせてもらえるようになった。なんでもかんでも言われた通りやればいいというものではないでしょ。いったい本田圭佑を何年取材しているんですか(笑)」

http://news.yahoo.co.jp/feature/465

続きを読む

1 :muffin ★@\(^o^)/:2016/12/31(土) 15:20:06.68 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/s4K9YHb.jpg http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1759274.html
2016年12月31日11時48分

「鴨川ホルモー」や「プリンセス・トヨトミ」などの著作で知られる作家の万城目学氏が、ある映画の制作陣から受けた仕打ちを暴露。
「いちばん仕事をしてはいけない相手と関わってしまったうかつさ」と嘆いている。

 万城目氏は30日、「今年を漢字一字で表すなら『苦』。くるしいより、にがいのほうで。来年はよき相手と、よき仕事ができますように」とツイッターに投稿した。
実は万城目氏は2年前から、オリジナル脚本を担当するという話で、ある映画の制作に関わっていた。
そのためにシナリオ学校にまで通い、今年になって脚本を書き上げたのだが、残念ながら全部ボツをくらってしまったそうだ。

 納得しきれない部分もあった万城目氏だが、それでも自分の力量の低さも原因だと考えていた。
作家になって初めての全ボツに強いショックを受けたものの、「いつか小説というかたちで書き直したらいい」と気持ちを整理した。

 しかし、その傍らで制作が進行していた映画の予告編を見て我が目を疑った。なんと万城目氏がもともと提案した脚本の要素が残っていたのだ。
しかも万城目氏は、主人公の名前など、自身の脚本にあった要素は新脚本からすべて削除するようにプロデューサーに依頼していたのだ。

 もちろん予告編を見た万城目氏は抗議。それなりの騒ぎになり、謝罪の申し入れはあったが、撮り直しせず公開は行うという対応に疑問を感じて、すべて断ったそうだ。

 万城目氏は「私が脚本に書いた非常に重要なフレーズが、映画で小ネタとして使われ、これが公開されてしまうと、私が小説を書いても、
『ああ、あの映画のあれね』とオリジナリティ・ゼロのものと扱われてしまう、つまり小説を書けなくなる」と吐露する。
「いちばん仕事をしてはいけない相手と関わってしまったうかつさ。大失敗だった。今も毎日後悔を繰り返しています」と嘆く。

 ただ、一連のツイートは「この怨念・諦念・無念はこれきり今年といっしょに流し去ります」という意図のものであるとして、
「映画そのものには恨みはまったくございませんので、作品や相手の特定についてはごかんべんを」とファンに理解を求めた。

続きを読む

1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/12/31(土) 09:34:10.72 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/2BDLKEq.jpg  J1広島は31日、米MLSバンクーバーから日本代表経験のあるFW工藤壮人(26)が完全移籍で加入することが決まったと発表した。

 工藤は柏の下部組織から2009年にトップチーム昇格。翌年から主力として活躍し、7年でJ1通算162試合56得点を記録、日本代表としても国際Aマッチ4試合2得点をマークした。今年1月に「環境を変えてチャレンジをしてみたい」とバンクーバーに移籍し、17試合2得点の成績を残した。

 工藤はクラブを通じて「このたび、Vancouver Whitecaps FC から加入することになりました工藤壮人です。ここ数年、毎年優勝争いをしているサンフレッチェの一員になれることをうれしく思っています。広島の勝利のために全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします」とコメントしている。

スポニチアネックス 12/31(土) 9:27配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000080-spnannex-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ