リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

1 :影のたけし軍団ρ ★:2018/12/14(金) 17:00:49.55 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bWLYngX.jpg 法廷で“キックオフ”の笛が鳴った——。

2014年のサッカーW杯ブラジル大会・日本代表DF伊野波雅彦(33=J1神戸)が、
08年の北京五輪代表MF梶山陽平(33)に民事提訴されていたことが本紙の取材で分かった。

実業家X氏が運用する投資を伊野波から「月利7%の配当をする」などと勧められて始めたが、
計2500万円を失ったとして梶山は提訴。

他にも被害者がおり、被告となった伊野波は、X氏とともにその損害賠償を請求されたのだ。
元日本代表が元Jリーガーに訴えられた前代未聞の投資トラブルを詳報する。

伊野波は、FW本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)、FW香川真司(29=ドルトムント)らとともに
「史上最強」とされた14年W杯日本代表のメンバーだった。

所属の神戸では今季のリーグ戦終盤からアンカーに起用され、話題を席巻した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、
元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ(33)の2大スターを後方から支えた。

一方、梶山はフル代表に呼ばれなかったものの、08年北京五輪ではメンバーだった本田、香川を差し置いて背番号10を託された“天才MF”。
だが、FC東京からJ2新潟にレンタル移籍した今季限りで現役を引退した。2人は同い年で、北京五輪のアジア予選メンバーで親交があった。

トラブルが起きた発端は昨年8月だった。裁判資料によると伊野波は梶山に対し、友人で実業家のX氏が運用する月利高配当をうたった投資に勧誘。
「大丈夫だから」「万が一の時は俺が保証する」と説得したという。

勧めに乗った梶山は同月から出資を開始し、今年1月までの間、X氏に複数回にわたって計2500万円をつぎ込んだ。
リーグ戦の最中だったが、伊野波は試合や練習に支障のないよう合間を縫い、梶山の出資の立会人を務めたという。

一方で伊野波は昨年6〜9月、友人の一般男性も同じように勧誘。
「自分もある程度の額を(X氏に)預けている」「梶山も(X氏を通して)運用している」と勧めたという。

一般男性は今年3月までの間、複数回にわたり、X氏になんと総額8500万円を投じたという。ここでも伊野波は立会人を務めていた。

投資後、一時的に梶山と一般男性への配当はあったが、今年6月以降、配当が停止する。X氏が出資金を全額溶かしてしまった可能性がある。
それを受け、伊野波は6月、梶山に「元本は必ず(X氏から)返させる」と伝え、X氏に対応を迫った。

ところが、伊野波は7月、X氏から「投資リスクが顕在化して配当できない」と主張され、
梶山と一般男性への返金には「応じない」と通達される。焦りまくった伊野波はX氏を「無責任すぎる」と追及したものの、その後はX氏と音信不通になった。

事態は改善しないまま、伊野波はX氏とともに、梶山と一般男性から東京地裁に民事提訴され、損害賠償を請求された。

被告である伊野波とX氏は、原告の梶山から2750万円、もう1人の原告の一般男性から9350万円の支払いを突き付けられた。
総額1億2100万円の巨額訴訟だ。

第1回口頭弁論は今月4日、東京地裁で開かれた。伊野波、梶山はともに欠席。伊野波とX氏は原告の請求棄却を求め、争う構えを示した。

伊野波の代理人弁護士は本紙に「X氏に対する債権回収に巻き込まれた不当な訴訟であり、法的責任は一切なく、裁判所に請求棄却を求めています」と回答。
X氏側は裁判の中で「原告に配当してきた実績はあったが、投資運用の結果として利益を生み出せず、配当がかなわなくなった。
投資リスクが顕在化したにすぎない以上、法的責任を負担するいわれはない」(弁護士)と主張している。

原告の梶山の代理人弁護士は「係争中なのでお答えできません」と回答した。

梶山側は、X氏の運用実態を疑問視しているようだ。これが事実であれば、いかがわしい投資に伊野波は“加担”してしまい、梶山も安易に乗ってしまった形だ。
X氏がうたっていた月利は7〜10%といい、あり得ない高配当。ウマい話にはウラがある——と考えれば巨額のカネを突っ込むことはないはずだが…。
構図としては伊野波はX氏に“広告塔”のように利用されたとも考えられる。

次回期日は来月24日、弁論準備手続きが行われる。(一部敬称略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000029-tospoweb-socc

続きを読む

1 :muffin ★:2018/12/14(金) 13:34:07.05 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wpa55tH.jpg https://abematimes.com/posts/5409969
2018.12.14 12:44

タレントの辻希美と夫で俳優の杉浦太陽が、それぞれ13日に自身のアメブロを更新。8日に出産した第4子の名前を発表した。

この日辻は「4人目のBabyの名前が決まり…出生届を出して来ました 名前は「幸空」と書いて、「こあ」と読みます」と三男・幸空くんの写真を公開、「3人のお兄ちゃんお姉ちゃん達の…そしてパパとママの…たくさんの愛情を受け取りながら、幸せになって欲しいと思いを込めて…杉浦幸空と名付けました」と名前の由来を明かした。

また、「幸空(こあ)が昨日我が家に帰宅してから家中のあちこちから「こあ〜」と呼ぶ声が絶えません みんなに愛され可愛がられて幸せな幸空 嬉しいね」と明かし、「杉浦家の第4子の三男 boy 杉浦幸空をどうぞよろしくお願いします」とブログを締めくくった。

同日には杉浦も辻と同じように第4子の名前を公表、「我が家の子どもたち全員に、「空」という字が付きます」と明かし、「これには、「空を見上げると、いつも太陽が見守ってる」そんな意味を込めての「空」でもあります。」と理由を説明。「あらためまして、杉浦幸空くん!!!!!!これからよろしくお願いします 杉浦家に、また一つ笑顔が増えました…」と嬉しそうにつづってブログを締めくくった。

https://i1.wp.com/cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/121508/91cb2ab5df68ad1f27509789d9382c3a_edab79c60913e305c2b4b81bfea57454.jpg

続きを読む

1 :ひかり ★:2018/12/14(金) 15:00:53.21 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/iqv0pFp.jpg  タモリ(73)がブラブラ歩きながら街の歴史や魅力に迫るNHKの人気番組「ブラタモリ」(土曜後7・30)が初の海外ロケを行ったことが14日、
分かった。ローマ編が来年1月12、19日、パリ編が2月9、16日に放送される。

 ローマ編は2000年前に行われた「驚異の町づくり」の秘密に迫る。パリ編は「華の都」と呼ばれるようになった理由をテーマに、「美」と「地質」の
意外な関係を紐解く。

 1月12日(♯122)は「ローマ〜“ローマは1日にしてならず”とは?〜」、1月19日は(♯123)は「水の街・ローマ〜ローマは水なしにしてならず!?〜」。

 2月9日(♯126)は「パリ〜パリはなぜ華の都になったのか?〜」、2月16日(♯127)は「パリの美〜パリはなぜ華の都になったのか?〜」。

 2015年4月、3年ぶりにレギュラー番組(第4シリーズ)として復活。今年3月、記念すべき放送100回目を迎えた。4月からは林田理沙アナウンサー(28)が
新アシスタントに就任し、4年目に突入した。

 16年の「測量の日 功労者感謝状」、17年の「日本地質学会表彰」に続き、今年は「平成29年度 地盤工学貢献賞」を受賞。3年連続して地理関係の
表彰を受けた。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000086-spnannex-ent

続きを読む

1 :Egg ★:2018/12/14(金) 13:04:09.82 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/the-ans.jp/wp-content/uploads/2018/11/20181122_hachimura2-650x433.jpg 中学時代に野球ではなくバスケを選んだ八村「それが転向した理由です」


バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)ゴンザガ大の八村塁。来年のNBAドラフトで上位指名が期待される逸材に対し、米メディアは中学時代にバスケットボールの道を選んだ意外な理由に注目している。

「ルイって誰なんだ? 捕球不能なファストボールを投げるゴンザガ大の野球の天才児がNBAドラフト候補にいかにして変貌したのか?」

 こう特集したのは、米地元紙「スポークスマン・レビュー」だった。今季、八村はマウイ招待決勝で大学バスケットボール界最強と呼ばれるデューク大を倒す原動力となり、MVPに輝いた。

 記事では「彼の決意と反発力がカレッジ年間最優秀選手候補とバスケットボールに渇望する母国のアイドルを生み出したのだ」と日米でスターの道を歩んでいると評価。そして注目のニュースターが中学時代に迎えた転機にスポットライトを当てている。

「投手・八村」の規格外の凄さ「誰もボールを捕れなかったんです」

「ハチムラのバスケットボールデビューは中学生だった。彼は色々なスポーツに励んでいたが、日本で最も人気のあるスポーツである野球に集中していた。片方の競技に集中していたため、掛け持ちはほとんど無理だったと彼は説明した。彼は最高の速球を武器にするピッチャーだったのだ」

 身長203センチ、体重104キロの体格を誇る八村は幼少時に剛速球ピッチャーだった。だが、野球を続けることはなかった。記事では、八村が「誰もボールを捕れなかったんです。それが(バスケに)転向した理由です」と笑顔で振り返ったコメントを紹介。あまりの剛速球に捕手は受け止めることができなかったというのだ。

「どうすればいいのかわからなかった」とバスケ転向当初は戸惑ったことを明かしたが、そこから才能は開花。今やNBAのスター候補として期待されているが、続けていれば、野球でもプロを目指せるような逸材になっていたのかもしれない。

12/14(金) 11:03配信
https://the-ans.jp/news/46082/

続きを読む

↑このページのトップヘ