リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

1 :Egg ★:2018/12/14(金) 19:07:38.35 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/j3HyhyY.jpg  2018年シーズンのJリーグが終了したが、今年はバルセロナを退団した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸に移籍し、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがアトレチコ・マドリードからサガン鳥栖に加入するなど話題を集めた。

さらに、神戸は来季に向けて元スペイン代表FWダビド・ビジャ(←ニューヨーク・シティ)の獲得も先日発表しており、大物外国人選手のJリーグ行きに韓国も大きな注目を寄せる1年となった。

 そんななか、スポーツ・経済専門紙「韓国スポーツ経済」が「“Kリーグとは違う”スター、観衆も多いJリーグが羨ましい」と見出しを打ち、JリーグとKリーグの違いについてまとめている。

「Jリーグにはイニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、トーレスなど、名前だけ見ても世界的なスターがいる。これは投資だけで日本に来た選手ではない。リーグのインフラと現地での生活条件、付加価値など、すべてを考慮してのことだ。お金だけではなく、全般的な環境など、総合的な要件を考慮すれば、中国スーパーリーグよりもJリーグのほうがより魅力的なリーグだ」

 また、「Jリーグは“インフラ改善→投資→スター→観衆”の好循環の構造を継続している」と、リーグ全体の歯車がかみ合い、盛り上がっていると分析。さらに同紙は、今年Jリーグの開幕戦、鳥栖対神戸のハーフタイムショーに、韓国のアーティストグループ“JYJ”のジェジュンが登場したことについて触れ、「こうした例を見ても、Jリーグはアジアで“スポテインメント(スポーツ+エンタテインメント)”のインフラがもっともよく構築されたリーグだ」と指摘している。

指導者や選手の流出・ファン離れに危機感 「Kリーグが発展するためには投資が必要」

 そうしたJリーグの盛り上がりと対照的に、「Kリーグが発展するためには、投資が必要だ」と言及。「全北現代のチェ・ガンヒ監督や、韓国代表DFキム・ミンジェが中国行きを決断したのも、お金と投資という側面がある」と、実力のある指導者や選手の流出によってファンが離れていくのではないかと警鐘を鳴らしている。

 そのうえで、「まずは韓国プロサッカー連盟が、ビジョンとともに、事業モデルを示さなければならない。投資インフラ構築と方法を模索すべきだ」と締めくくっている。

 いずれにしても今年のJリーグの盛り上がりは、様々な側面から感じ取れるが、Kリーグとしては指をくわえて見ているだけというわけにはいかないだろう

12/14(金) 18:50 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181214-00153628-soccermzw-socc

続きを読む

1 :鉄チーズ烏 ★:2018/12/14(金) 18:55:22.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/iWDoMWi.jpg  日本将棋連盟は14日、来年1月から予選が始まる第69期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)にイートアンド株式会社(東京都品川区)が特別協賛すると発表した。これに伴い、第69期王将戦は「大阪王将杯王将戦」という棋戦名になる。

 王将戦は将棋界8タイトルのひとつ。開始は1951年度で、初代王将は升田幸三実力制第4代名人。以降、大山康晴15世名人、米長邦雄永世棋聖、谷川浩司九段、羽生善治竜王らそうそうたる名棋士が王将位に就いている。来年1月開幕の第68期七番勝負では3連覇を狙う久保利明王将(43)と5期ぶりの復位を目指す渡辺明棋王(34)の対戦が決まっている。


[ 2018年12月14日 17:00 ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/14/kiji/20181214s00042000109000c.html

続きを読む

1 :砂漠のマスカレード ★:2018/12/14(金) 22:49:35.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5GeOzgt.jpg お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(41)が14日、テレビ朝日で放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に相方の山崎静代(39)とともに出演。
静ちゃんに「今までごめんなさい」とこれまで言えなかった一言を口にし、謝罪。涙した。思わぬ言葉に、しずちゃんも涙をにじませた。

コンビ結成から15年。山里がしずちゃんの人気に嫉妬し、何度も解散の危機があったが、それを乗り越えてきた。

出演コーナーの最後に山里は意を決して「コンビ組んで15年、一度も言ってない言葉があるんです」と切り出し、
「今までごめんなさい。すいませんでした」と口にすると涙がこみあげ、
「そして…ちょっと待って…あの…えっと、…あの…、ちょっと…すいません」と涙で言葉が続かなくなった。

一呼吸おいて、「多分僕のこと、斬り捨てるタイミング、どこでもあったんです。
他の先輩からも『解散した方がいいんじゃないか』とか、しずちゃんが新喜劇からも誘われてるの知ってた」と打ち明けた。

山里によると、しずちゃんは「私は山ちゃんに拾ってもらったんで」と誘いや解散を断っていたそうで、
「それを知ってるのに、悪業ざんまいで…、しずちゃんを攻撃し続けることで自分が頑張ってる錯覚起こして、
自分が調子いい時は調子いい時で、しずちゃんをないがしろにして…」とすべてを告白。
「本当に今までごめんなさい。そして本当にありがとうございました」と震える声で頭を下げた。
山里の謝罪告白を聞きながら、しずちゃんも涙をにじませていた。

2018年12月14日 21時14分 デイリースポーツ
http://news.livedoor.com/article/detail/15742207/

続きを読む

1 :ひかり ★:2018/12/14(金) 19:46:10.57 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/3bwjQpv.jpg  元中日監督で野球解説者の落合博満氏(64)が14日、CBCラジオの中日応援番組「ドラ魂(ダマ)KING」(火〜金曜後6・00)に生出演。
放送時間の1時間を目いっぱい使って球界のあれやこれやをぶっちゃけまくった。

 自身がゲストだというのに、番組開始直前に局内で見かけた旧知の夫婦デュエット「チェリッシュ」を“ゲストのゲスト”としてスタジオに招き入れ、
しばし思い出話に花を咲かせるというさすがの“オレ流采配”を見せた落合氏。

 まずは「チェリッシュ」の2人を前に「酒が大好き」と話し出すと、「二日酔いで打席に入ったこと、何回もあります」とぶっちゃけ、それで安打を
打ったことはあるのか?と聞かれると「あります」とあっさり認める潔さを見せた。

 そして、「今の選手は酒飲まないからいけないんだよ」と自分たちの現役時代に比べて真面目になった今の選手たちをバッサリ。「飲んだら次の日、
酒抜くために普段の3倍走る」と飲酒の効用に翌日のランニング量が増え、結果的に体力づくりのトレーニングになると持論を展開した。

スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/14/kiji/20181214s00001173196000c.html

続きを読む

↑このページのトップヘ