リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

1 :Egg ★:2019/03/18(月) 23:30:11.47 ID:dl0p5wvV9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bYvaJN5.jpg 昭和の時代、人気スポーツとして輝き続けた野球。しかし近年は少子化を背景に球児が急激に減っている。
平成最後の甲子園となる第91回選抜高校野球大会(23日開幕)を前に、この30年の高校野球の動きを振り返り、次の時代に向けた取り組みを紹介する。<下へ続く>

◇甲子園人気の陰で、部員減少歯止めかからず
 
昨夏の第100回全国高校選手権は大会史上初めて入場者が100万人を超えた。記念大会で史上最多の56校が参加したことに加え、
好選手をそろえた大阪桐蔭(大阪)の春夏連覇や、東北勢初優勝にあと一歩と迫った金足農(秋田)の快進撃も大会を盛り上げた。

しかし、この熱気をもってしても野球部員の減少に歯止めをかけるのは容易ではないという。
 
岩手県高野連の佐々木明志理事長(55)は「県内の野球人気は、甲子園の人気に比例しない」と明かす。
約70の加盟校のうち3割は部員不足で、連合チームの形を取る。「県土が広いので(学校を)統廃合しづらく、合同練習ができるかどうかという距離の学校も多い。場合によっては4〜5校の連合になる」

部員が減ると何が起きるか。県大会などの観客の多くは球児の家族で、部員が減れば入場料収入の減少に直結する。これは県連盟の主要財源であるため、指導者や審判を対象とした講習会などの事業開催に支障が出てくる可能性もあるという。
日本高野連の統計によると、硬式野球部が最も多かったのは2005年(4253校)で、そこから減り続けて昨年は3971校。部員数は14年に約17万人でピークに達した後、急激に減って昨年は約15万3000人だった。年に4000人以上減った計算となる。

岩手県は菊池雄星(マリナーズ)や大谷翔平(エンゼルス)の故郷。佐々木理事長は「スターが出ると盛り上がるけれど、部員が増えない。できるだけ事業を続けるために、大会日程でもお客さんが入りやすい日、エリア、球場などを考えざるを得ない」と話す。

◇野球の楽しさ、幼時から=用具メーカーで「球活」

競合関係にあるスポーツ用具メーカーが、一般社団法人「野球・ソフトボール活性化委員会」(球活)を2年前に立ち上げた。少子化で競技人口が減る中、子供たちに野球に親しんでもらおうと知恵を出し合っている。
昨年は幼稚園児と小学校低学年が対象の「キッズ・ボールパーク」を全国で開催。軟らかいボールを投げたり打ったりして野球の楽しさを知ってもらう催しで、プロ野球OBクラブから講師を派遣してもらった。

中学生の野球人口の減少は、高校以上に激しい。日本中学校体育連盟によると、2009年に30万人いた軟式野球部員が昨年は16万人台になった。同じ時期にサッカー部員は22万人から19万人に減ったが、野球の減少速度はその比ではない。
「球活」の久保田憲史代表理事(ミズノ・ダイアモンドスポーツ事業部執行役員)は「昔は当たり前のように空き地があって、誰もが野球で遊んだ。しかし今は空き地がなく、野球経験のない親も増えている。
スポーツを始める時に、最初から野球が選択肢にない子が多い」と分析する。
 
野球人口の減少でスポーツ産業も打撃を受けるが、久保田代表理事はもう一つの問題を挙げる。「野球は投げる、打つ、走るなど複雑な運動をするスポーツで、他の競技でも応用できる。
子供の時の野球体験は、日本のスポーツの基礎になっていたと思う。だから球活としては、減るままにしてはおけないんです」

球活は現在、用具メーカー19社で構成。スポンサーや小売店の協力に支えられている。「活動の効果は計りにくいけれど、やれることは精いっぱいやりたい」。久保田代表理事はその思いを「使命感」と表現する。

2019年03月17日05時35分 時事通信 全文
https://www.jiji.com/sp/article?k=2019031700134&g=spo

続きを読む

1 :豆次郎 ★:2019/03/19(火) 00:11:55.78 ID:5IaEHOZS9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ISJP7Pv.jpg 3/18(月) 19:38配信
◆国際親善試合▽日本代表—コロンビア22日・日産スタジアム)

 日本代表は18日、一部の海外組を除き、横浜市内のホテルに集合後、約1時間の練習を行った。練習後に取材に応じた森保一監督は、MF香川真司の復帰で注目されるMF中島翔哉との「10番問題」に言及。「(担当者に)任せています。10番?私は関与しません。皆さんはその話題を興味を持ってもらえれば」と選定には関わらない考えを明かした。


 この日、取材に応じた香川も「特に。その話は聞かれるとは思っていたから。番号でやるわけじゃない。もちろん、10番は自分にとって誇りですけど、それは誰が決めるかわからない。楽しみです、僕もわからないんで。特に考えてないです」と担当者に一任する考えを明かした。中島は取材対応日ではなかったため、背番号について発言していない。

 W杯やアジア杯などの公式大会では監督が背番号を決めるケースもまれにあるが、多くのケースは日本代表に帯同する協会スタッフが決める。森保監督、香川は慣例通りスタッフに一任する考えで、その結果を興味深く待っていることも共通している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000163-sph-socc

続きを読む

1 :Egg ★:2019/03/18(月) 18:38:18.18 ID:dl0p5wvV9

https://i1.wp.com/lpt.c.yimg.jp/amd/20190318-00177182-soccermzw-000-view.jpg ロシアW杯以来の選出に「良いスタートを切りたい」と意気込み
 
森保一監督率いる日本代表は18日、22日のコロンビア戦(日産スタジアム)に向けた練習をスタートした。
ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表復帰となったMF香川真司(ベジクタシュ)が取材に応じ、トップ下争いについて言及。
新体制で11試合5得点と不動の地位を築いているMF南野拓実(ザルツブルク)とは「タイプは違う」と話し、“自身のカラー”で勝負することを誓った。

香川はロシアW杯後の2018-19シーズン、ドルトムントでルシアン・ファブレ監督の構想外となり、リーグ戦は2試合の出場のみ。古参選手でありながらベンチ外の日々が続いた。

苦境のなか、冬の移籍市場でトルコ1部ベジクタシュへの期限付き移籍を決断。第20節アンタルヤスポル戦(6-2)で後半途中から出場し、登場からわずか16秒で初ゴールを挙げるなど3分間で2ゴールの衝撃デビュー。
以降は途中出場が続いたが、第23節フェネルバフチェ戦(3-3)でトップ下として移籍後初スタメンを果たすと、1アシストをマークした。負傷で1試合欠場後、前節コンヤスポル戦(3-2)では途中出場ながら決勝ゴールを挙げた。

今回の3月シリーズで、ロシアW杯以来となる代表選出となった香川。「次のカタール(W杯)に向けてという目で、個人的には初めて呼ばれたので良いスタートを切りたい」と語ったが、やはり気になるのは起用ポジションだ。
香川が主戦場とするトップ下は、森保監督体制ではセレッソ大阪の後輩でもある南野がレギュラーとして君臨してきた。もっとも、本人は「タイプは違うと思っているので」と至って冷静だ。

「推進力があってパワフルなのが彼の特徴だと思うし、海外でやっているのも自信になって良い状態だと思う。そういうなかで、お互いが上手くピッチ上で良いプレーができるようにやっていきたい。
長い戦いがこれからあるし、(南野)拓実以外にも初めての選手が多いので、コミュニケーションを取りながらやりたい」

長年日本代表の10番を背負ってきたが男が、“復帰戦”でどのようなプレーを見せるのか注目が集まる。 

3/18(月) 17:52配信Football ZONE

写真
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00177182-soccermzw-socc

続きを読む

1 :ジョーカーマン ★:2019/03/18(月) 19:58:49.17 ID:/BM907zW9

https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/DPsdXiwUEAAwoJ5.jpg 元でんぱ組.incでタレントの最上もが(30)が、容姿に関するネット上での誹謗(ひぼう)中傷に「生まれた時から失敗作て言われてるような気分だった」と辛い思いを語った。

最上は17日更新のツイッターで、「『整形ブス』というパワーワード、何年も前から言われてるしまとめとかも作られてるけど、1番傷ついたしすごい威力あった」と書き出した。

「整形はしたことないけど、もはや生まれた時から失敗作て言われてるような気分だった。そもそも、きれいになりたいと思って努力することを叩くのってすごいよね。て、ふと思った」と最上。
「ポジティブな言葉に目を向けなよ!とも言われてきたけれど、元々自分でも気になってたコンプレックスのことを言われると、図星を突かれる、みたいな感覚で、クリティカルヒットするんですよね。えぐられるような感覚。今は昔より気にしないようにしてるけど、たまに、思い出しちゃうね」とつづった。


元でんぱ組.inc 最上もが
https://i1.wp.com/pbs.twimg.com/media/C4w2VOcWYAASFN3.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-03180546-nksports-ent

続きを読む

↑このページのトップヘ