リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

1 :ばーど ★:2018/05/17(木) 14:47:09.16 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/lpt.c.yimg.jp/amd/20180517-00000332-oric-000-view.jpg
「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、きもと・たつお)さんが16日に死去した。63歳だった。西城さんの訃報を受け、郷ひろみ(62)が17日、所属事務所を通じてコメントを発表した。

西城さんは、広島県出身。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。翌年には「ちぎれた愛」、その後も「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」「薔薇の鎖」「ギャランドゥ」などの人気曲を歌った。また、トップアイドルの仲間入りを果たし、郷と野口五郎(62)とともに「新御三家」と呼ばれた。

郷は「同世代として、とても残念です。ボクの中で長男は五郎、次男は秀樹 末っ子がボクでした。秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです」とつらい胸中吐露。

「デビュー当時、右も左もわからなかったボクに、『ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれ』と親身になってくれたこと、一生忘れません。こころからお悔やみ申し上げます」としのんだ。

■以下、コメント全文

同世代として、とても残念です。

ボクの中で長男は五郎、
次男は秀樹
末っ子がボクでした。

秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです。

デビュー当時、右も左もわからなかったボクに「ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれ」と親身になってくれたこと、一生忘れません。

こころからお悔やみ申し上げます。

5/17(木) 14:39
オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000332-oric-ent

続きを読む

1 :pathos ★ :2018/05/17(木) 14:51:36.94 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MlTAdnK.jpg 傷だらけのローラ、YOUNG MANなどの大ヒットで知られる歌手・西城秀樹さんが5月16日、63歳で死去した。

「ヒデキィ〜!!」まる子のお姉ちゃんも大ファンだった

西城秀樹さんといえば、西城さんをモデルにした「ヒデキ」が、アニメ「ちびまる子ちゃん」に登場する。まる子のお姉ちゃんが熱狂的なファンであることも有名だ。

番組の中では「ヒデキ」の出演番組を見るために父・ひろしに土下座したり、ヒデキの映像をみて「ヒデキィ〜!!」と絶叫したりすることもあった。

そんなお姉ちゃんの声を担当していた水谷優子さんは、2年前の5月17日に乳がんで亡くなっている。1日違いの命日という運命に、2人の冥福をお祈りする声も出ている。

西城さんのデビュー時を知らない平成生まれ世代でも「お姉ちゃんが大ファン」と頭に浮かぶ人も多い。Twitter上では、まる子のお姉ちゃんを心配する声も出ている。

社会現象になるどの人気を持ち、様々な世代に知られた西城さんらしい現象かもしれない。

あまりに突然の出来事に、衝撃

Twitter上では、速報が流れてから「嘘でしょ...」と戸惑いを隠せない様子や、西城さんを偲ぶコメントが相次いでいる。

何度も立ち上がり、ファンに勇気をくれた

過去に2度の脳梗塞を起こしながら、その都度復帰を果たした西城さん。そんな彼に対し、勇気づけられたファンたちの声もあった。

西城秀樹さんに憧れて芸能界に入ったというタレント・川�ア麻世さんは、「俺が13時の時に番組で秀樹さんのモノマネをしてジャニーズにスカウトされ芸能界入りした」と悲しみのコメントをツイートした。
https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/16/youngmansaijouhideki_a_23436625/

続きを読む

1 :nita ★:2018/05/17(木) 16:27:08.19 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/k2E721o.jpg 5/17(木) 13:20配信
Full-Count

2試合連続でトラウトとの1、2番を形成も4打数無安打3三振

 エンゼルスの大谷翔平投手が16日(日本時間17日)、本拠地でのアストロズ戦に「2番・DH」でスタメン出場バーランダー相手に5月初めての3三振を喫するなど4打数無安打に終わった。チームは0-2で敗れ連敗となった。

【動画】これが超一流のボールだ! バーランダーが力強い直球で大谷から三振を奪う!

 この日のアストロズの先発はメジャー通算188勝、2011年にはMVPとサイ・ヤング賞をW受賞しているジャスティン・バーランダー。メジャーを代表する右腕との初対戦となった大谷。初回の第1打席は内角低めのスライダーに空振り三振に倒れる。

 2点ビハインドで迎えた4回の第2打席では外角のチェンジアップを引っ掛け二ゴロ。6回2死での第3打席は156キロの外角高めの真っ直ぐに空振り三振に倒れた。

 エンゼルスは2点を追う8回に1死二、三塁とチャンスを作ったが代打・バルブエナが見逃し三振、トラウトが投ゴロに倒れ得点を奪えず。そして9回。大谷は先頭で迎えた第4打席は3球三振に倒れ、今季2度目の1試合3三振となった。

 この日、2試合連続で主砲・トラウトと1.2番コンビを形成した大谷。サイヤング賞右腕のバーランダー撃ちに期待がかかったが2三振を喫するなど、5試合ぶりにノーヒットに終わった。4打数無安打に終わり打率は.325となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00130048-fullcount-base

続きを読む

1 :ストラト ★:2018/05/17(木) 16:52:36.09 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/www.hochi.co.jp/photo/20180517/20180517-OHT1I50053-L.jpg 俳優の坂上忍(50)が17日、自身のブログを更新し、平日に限定されている免許証の更新手続きに「お役所仕事を、いつまで当たり前のように押し付けているのか」と私見をつづった。

坂上は「若干、腹が立ったりするのです」のタイトルで記事をアップ。
「ちょっと、困っているのである。この数ヵ月で、プライベートでいろいろやらなければならないことがありまして…。要するに、免許の更新だなんだといったことなんですが」と切り出し、「平日の限られた時間までしか受け取りができないモノがあり…。本人でなければ、ダメと…。そんなこと、言われてもね。物理的に、間に合わなかったりするわけですよ」とつづった。

平日はフジテレビ系の昼番組「バイキング」(月〜金曜・前11時55分)のメーンMCを担当するなど売れっ子の坂上だけに「ある日突然葉書が来て、『いついつまでに…』って言われても…。すでに、数ヵ月先まではほぼほぼビッチリ埋まってしまっているわけで…ええ。じゃあ、決まっているお仕事を無理矢理ズラせばいいのかと」と困惑。

「まぁ、どこかでなんとかしなければいけないのでしょうが…。こういったお役所仕事を、いつまで当たり前のように押し付けているのかと…ね。若干、腹が立ったりするわけです」と心境を明かし、「従いますけど、ね。もちろん、嫌々ですけど…。所詮、我々などは一市民でしかないわけですから」とつづった。


坂上忍
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000089-sph-ent

続きを読む

↑このページのトップヘ