リース速報

2ちゃんねるのスポーツニュース、芸能ニュースを適当にまとめてるよ。

1 :牛丼 ★:2020/02/25(火) 12:50:24 ID:OEXdBcac9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/s09jKou.jpg タレントのベッキーが出演する映画『初恋』が、2月28日に公開される。公開に向け、数々のインタビューがアップされているのだが、その?トボけた?内容にネット上では呆れの声が続出している。

  -中略-

また、15日の『オリコンニュース』のインタビューでは、配役について「今は20代のころの?明るく元気なベッキーちゃん?というイメージではないので、逆にこうした振り切った役をいただけるようになったのかな」とし、芝居について「お芝居って人生のすべてが助走になるんだと感じます。過去の悲しい出来事やつらいことが学びになるし、人生経験の厚みにもなることで、それがお芝居に生かせるんだと感じます」と、熱く語っている。

芸のためなら家庭も壊す

しかし、この一連の発言に対し、ネット上では?反省していないのでは?との印象を持たれてしまったようで、

《どのツラ下げて言ってるんだろう? と思う》
《人の心を傷つけた過去まで、自分の肥やしにするのですね… 何か、方向を間違ったポジティブ感》
《自分は忘れてるみたいですが視聴者は忘れてないので発言には注意した方がいいと思います》
《人生経験? 人の家庭を壊す経験ですか?》
《自分で不倫して、それを美談みたいにして「人生経験」っておかしいよね。根本的に間違ってる》
などと、厳しい声が続出。?あれ?から約4年がたったが、いまだイメージ回復はできていないようで、

《天地がひっくり返ろうともイメージは覆せない》
《もうね、何やってもセンテンススプリング》
などと、諦めも肝心だと諭す声も根強く上がり続けている。

一度ついたイメージが消えることは、永遠にないようだ。
https://myjitsu.jp/archives/108689

続きを読む

1 :影のたけし軍団ρ ★:2020/02/25(火) 13:36:12.44 ID:T0xzWS3U9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/lRPP206.jpg サッカーのJリーグで26日に各地で予定されていたYBCルヴァン・カップ7試合が、
新型コロナウイルスの感染拡大により開催を中止することが25日、関係者の話で明らかになった。

J1とJ2も28日から3月1日の第2節を延期する方向で検討している。

Jリーグは厚生労働省が屋外イベントの一律自粛を求めなかったことなどから、21〜23日のJ1とJ2の開幕節を予定通りに開催した。
クラブ側にマスク着用や消毒液の設置などの対応を呼び掛け、J1神戸は観戦者の歌や肩組みなどの応援行為を禁止する独自の対策もして試合を実施していた。

中国や韓国、イタリアで試合が延期されるなど、海外では自粛の動きが広まっている。
https://www.sankei.com/sports/news/200225/spo2002250019-n1.html

【サッカー】Jリーグ新型肺炎拡大でサッカーのルヴァン杯中止
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582603279/

続きを読む

1 :ニライカナイφ ★:2020/02/25(火) 11:51:10 ID:67DYMRt69

https://i1.wp.com/livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/c/d/cd92a568.jpg 米アイオワ州のシーダーラピッズ警察は17日、アフリカ系アメリカ人のロバート・ノイエス(52)を逮捕した。
彼は人種差別を理解してもらうため、白人女性を監禁。
黒人奴隷問題を描いたテレビドラマ『ルーツ』を見せていたようだ。

ノイエス容疑者は、9時間に及ぶテレビドラマ『ルーツ/Roots』を被害者の白人女性に強制的に見せるため不法に監禁。
「彼女の行う人種差別をよく理解してもらうため」だったという。
白人女性が逃げようとすると、ノイエス容疑者は「見ないならばお前を殺してバラバラにした体を高速道路にぶちまけてやる」と脅迫するなどしていたようだ。

1977年に制作された『ルーツ』は黒人奴隷というアメリカ史の”闇“を真正面から描き、米国のみならず日本でも社会現象を巻き起こしたドラマだ。
これで彼女を更生させようとしていたのかもしれない。
ノイエス容疑者は被害者女性の隣に座りこみ、一緒にこの番組を見ていたようだ。

写真:逮捕されたロバート・ノイエス容疑者

http://yurukuyaru.com/archives/82239674.html

続きを読む

1 :ばーど ★:2020/02/25(火) 13:52:34 ID:ONQFUl1F9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ydwzX1L.jpg 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、国内で行われるサッカーの国際試合に、日本の対戦相手が選手を派遣しないと報じられていることに関連し、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、こうした動きが広がらないよう、情報発信に努める考えを示しました。

京都府亀岡市で来月予定されているサッカーの東京オリンピック世代の日本代表と南アフリカ代表との強化試合について、一部の海外メディアは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、南アフリカが日本に選手を派遣しない方針だと伝えています。

これについて、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は記者会見で、日本サッカー協会が南アフリカ側から日本での感染状況や強化試合への影響について問い合わせを受けたことを明らかにしました。

そのうえで、「政府として問題ないことをしっかり発信し、同時に科学的に問題がないことを示すことも大変重要だ。外務省、厚生労働省の協力を得て、しっかりと対応していきたい」と述べ、情報発信に努める考えを示しました。

2020年2月25日 13時38分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200225/k10012300201000.html

関連ソース
U-23日本代表、来年3月にU-23南アフリカ、U-23コートジボワールとの対戦が決定
https://www.excite.co.jp/news/article/Gekisaka_294120-294120-fl/

続きを読む

↑このページのトップヘ